エクストリーム・一人宿泊 夕食編 西伊豆・土肥温泉 粋松亭

ラブVSハイクラス、赤壁か関ヶ原かバーミリオン星域か知りませんが大きな戦いの結果、どうやらラブかしら?という結論になりそうな時、夕食となります。(前回参照)

今回はなんでか仲居さんが二人もついてくれています。一人はベテランのよくしゃべる方、ひじょーにサバサバして面白い。前回の「自信があるなら開けておけ」等の発言もこの方のノンフィクション。もう一人が大変お若い、見習いか?という方ですが、なんとメガネ女子!!!IMMF(国際メガネ萌え連盟)理事の私としては、非常に困ります。

一目惚れの保留玉連チャンに陥っても仕方ないので、食べるとしましょう。お品書きは・・あれ?どこに置いたかな?記憶でいきます。

前菜

前菜はなんだか器までかわえー感じですね。この赤いのは?いちごワインですか。漫画のタイトルみたいですね。タコ、エビ、サゴシと・・おお、好物のアンキモが。すると当然

sake

この方の出番です。きれいなお花つきで登場。

銘柄

なお日本酒の銘柄は富士錦酒造さんが醸すこの宿オリジナル「粋松亭」のみで、大吟醸・純米吟醸・純米・本醸造の4種類から選ぶというちょっと珍しいタイプです。迷わず純米吟醸。

わん

そして椀物が来ました。ダシのきいた椀で飲む酒は好きなんで嬉しい。正しい作法かどうかは知りません。桜海老の真丈かな?駿河湾っぽくていいですね。

サビ

あ、ワサビが来た。じゃあ造りが来るのですね。昼からワサビおろしてばかりですな・・って、あれ、おろしてある。ワサビおろしは器ですか!斬新だな。

刺身

で、造りが来ました。マグロとイカはまあ正直なんちゃないのですが、このアジとスズキのハーフみたいな地魚(名前忘れた)が、味もまさしくそんな感じでウマかった!磯くささと歯ごたえがどちらもちょうどいい感じです。酒がすすむことすすむこと。

ユッケ

メガネさん「女将からの一品で、アジのユッケでございます」

アジのユッケ?また珍しい。よく混ぜ混ぜして食べると、思いのほかしっかり味がついていてこれはうまいですよ。このでっかい皿にいっぱいあれば晩酌的には満足なような。

ゲラ

ここで選択メニューその1、アワビの味噌グラタンが。踊り焼きか千枚造りかグラタンというので一番珍しいモノにしてみました。

グラ

あ、これは正解。アワビとホワイトソースって合うんですねー!味噌のせいか酒にもやけに合うぞ。さっきのユッケといい、ここの味はなんか好みだなあ。

と喜んでいたら、なんと女将さんと料理長が部屋まで挨拶に見えました。あらー、わざわざすみませんです。女将さんはベテラン演歌歌手のような貫禄のある方でした。各部屋に挨拶に来てくれるなんて北陸の某巨大旅館のような。

いせ

選択メニューその2は伊勢エビ鬼殻焼きです。伊勢エビ刺身、和牛ミニステーキあたりから選べたのですが、刺身にするとミソの所在が心配なので・・肉か魚介かと聞かれれば魚介ですし。

鍋

で、こちらは旅館料理の定番、固形燃料鍋ですね。つみれと豆腐と・・豚肉が一枚。

仲居さん「そちらはチョコ豚といってチョコを食べさせて育てた豚さんなんですよー。脂身がすごく甘いの」

ほうほう。確かこの日は2月12日。チョコをもらった勘定に入れてしまっていいのかな?

煮え

煮えた。あ、ほんとだ。豚肉うめーや。でもダシがさらにうめーや。やっぱここの味好きみたい。

嘘ん

ダシがうまいので、このちんまりしたうどんがありがたい。また酒を飲む人の好みを見越したようなちょうどいい量!

桜

これはなんだったかなあ・・モチ入り茶碗蒸しホワイトソース、みたいなものだったような。はっきり覚えているのは

酒

見た目より酒に合ったので援軍を呼んだことくらいですね。

そろそろ満腹警報が鳴り響き始めましたよ。

レンコン

レンコンもちに太刀魚を巻いて生姜味の餡をかけたもの・・だったはず。生姜の刺激でなんとかクリアしますよ。うん、満腹でもなんとかなっちゃううまさ。

でもご飯はいいや、味噌汁だけで・・と思ったら

しらす

釜揚げしらす、大根おろし等が運ばれてきて自分の手でしらす丼にせよとの指令が!それは楽しそう!やるやる!!

しらす丼

わー、これはうまいし楽しい。朝飯なんかこれと味噌汁で万々歳なような。

味噌

上品な白い味噌で来ると思ったら、予想のナナメ上を行く迫力ある味の味噌汁もうまい。漬物もなかなか。

デザート

クリームブリュレ・塩アイス・ミニティラミスまで結局平らげてしまいました・・特選食材!ってわけではありませんが、非常に料理がお上手な感じの素晴らしい夕食でした。うん、ここはハイクラス!!決定!!誰ですか?ラ◯ホなんて言ったのは!

満腹にもほどがあるので風呂入って寝ようと思ったのですが・・以下次回。

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。