【閲覧注意】珍獣屋 虫っぽいモノ、虫みたいなモノ、具体的に虫。 珍獣屋(横浜市)

横浜でアプリゲームを作っているZさん、このブログの共同管理者Cと三人で楽しむ(?)怪しい肉や生き物編、後編です。節足動物が苦手な方は流して見るかナナメに読むかスルーしてください。

(※:食べ物(っぽいモノ)の写真にはモザイク処理をかけてあります。誤クリックにご注意願います。(C))

Zさんの「そろそろ見た目的にディープインパクト募集!」発言にしたがい、あんなものやそんなものを頼まないと・・

わに

イモリはグッドルッキンですが売り切れ、ワニの手はインパクトNo1と書いてありますが、食べたことあるんですけどすごくウマいんですよね。確実に美味しいものを二人に食べさせるのはちょっとつまらない(←おい)

ぐそk

あっ!コレどうですか?中華街でオオグソクムシ食イベントやったら行列ができたんですって!

Zさん「・・それってダンゴムシの親分じゃないの?うまいの?いや、食べて大丈夫なの?」

たぶんおそらく願わくば大丈夫です!どちらかといえば甲殻類寄りな気がしますし

もやし

虫だったとしても、ホラ!「素揚げして塩まぶしゃエビと変わんねェ」という至言が!

愚息

はい、来ました!・・・むむー、ちょっと自信がなくなる迫力のボディ。シャコの親戚だろうとタカをくくっていましたが、どう見てもダンゴムシの親戚ですね・・

C「表が似てるだけですよ!ひっくり返せばわからない気が」

うら

・・ぐげー!迫力とダンゴムシ度がアップ!しかし頼んでしまった以上、やっつけなくてはいけません。

ばちん

はい、新郎新婦がケーキに入刀いたします。記念撮影の方、どうぞ前に。と言われて撮影したことはありませんが、これはシャッターチャンス。撮りましょう。そして撮ったらきれいに三等分して食べましょう。各々方、感想を述べい。

C「エ、エビせん・・?」

Zさん「歯にはさまるけど、プリプリ部はないけど、エビだこれ。エビせん!」

全身がエビフライの尻尾みたいな感じでした。「素揚げして塩まぶしゃエビ」は真実と認定。

では次!アレどうですか?

さそ

Zさん「まあ、国によっては薬らしいから食べてみよーか」

おお、酒のせいかのってきましたね。

すこ

Zさん「・・・」

C「・・・・」

なんといいますか、想像より強烈というかデカいというか、20cm超じゃないですか?コレ。

よこ

レモンが置いてありますね。レモンを絞ったほうがおいしいのかな?

C「おいしいの前に、どこをどう食べるんですか?このクリーチャー」

そうですねえ、ハサミなんか剛毛が生えてますしねえ。

め

しかも正面から見るとアレですね、防御力強化呪文ばかり連発してくるウザいモンスターそのまんま。

C「じゃあほら、注文したオーヤマさんから、ガブリと一発どうぞ」

ナヌっ?そういう順?じゃあケンカにならないよう、仲良く分けましょう。

はさみ

ハサミをハサミでパチンと切り分けます。あとは頭、胴体を2つ、尻尾みたいな感じでバラバラにすれば6つに・・一人2パーツで。あ、胴体ってスカスカなんですねー。サソリミソとかないのかしら。

じゃあ食べましょう!私はハサミと尻尾!カリっと・・ふはー、当たり前だがカタい!でも表面に下味がついていますねー、そこだけウマい。見た目はエビ寄りですが、オオグソクムシのようなエビの味がしません。ただカタいだけ。尻尾はトゲを噛まないよう気をつけていましたが、周りの剛毛がもはやトゲのレベルで、結局口の中に刺さります・・決してウマい生き物ではない。

あたま

Zさん「なんで俺に頭を残してくれたの?俺クモは嫌いって言ったじゃないの!これクモじゃん!」

ほ、ほんとですね・・・サソリをバラすとクモになる!極めて重要、試験に出る!

あ、結局食べた。お味は?

Zさん「うーん、カタいね!味は・・・表面の塩味だけ!」

やっぱり。まあスタミナはつくらしいですよ。

G

えー、僭越ながら、ノってきたところで禁断のメニューを・・・一番下のですね、清浄な餌を与えた、正に食用の、ことによってはブロイラーの鶏より清潔で健康な・・

Zさん「ダメ」

C「却下」

やはりダメか・・あ、じゃあコレどうですか?中身不明だし。

異物

Zさん「俺ここのホームページかなんかで見たよ?コレ。プリンからおかしな足が生えてたよ?」

でもほら、一個を三人で食べれば、三人寄れば文殊の知恵とか申しまして・・

店員さん「結構スゴいですよ、そのプリン」

あっ、店員さん、横槍入れちゃダメ!というか、もういいや!一個お願いします!

ぷりん

・・・ふはーー!!

C「Noーーー!!」

Zさん「うひょーーーー!!」

隣の席の女子が黙っちゃってますけど・・いや、まさしくディープインパクト!!

店員さん、異物混入が過ぎませんか?これはミールワームコオロギ

店員さん「そうです。コオロギはフランス産の高級品を仕入れています」

わぉ、おフランス直送!言ってみればフォワグラやトリュフと同じですか!そして「ミールワームはウマい!サカナや鳥にはもったいない!」と私の愛読書「ゲテ食大全」に書いてありましたので、高級食材同士、夢の共演!と言えなくはない・・のか?

あーん

まあ食べてみましょう・・・おや?

う・・

C「ま・・・」

Zさん「い・・・・」

三人「ぞぉぉぉぉーーー!!」

虫部分がすごく軽い食感に揚がっていますので、虫そのものの甘味と相まってまさしく朝食用シリアル、フルグラのフルーツでない部分のような、サクサクでほんのり甘いスイーツテイストです!あえて近いモノを上げれば、ポン菓子!

プリンに軽〜いシリアルを混ぜた感じなので、いくらでも食べることができそうなウマさ。これぞ通ごのみ!「通!!」

Zさん「うん、ヒグマとコレが今日のトップかな」

そんなとこですかね。私はリスかな。でも全体的にちょっといいお値段ですね。

結局三人で三万ちょっとでした・・珍しいモノだから仕方ないですけどね。今回食べ損ねた中にも面白そうなモノがいっぱいありましたので、行かれた方、感想を教えてください。

帰り道

やけい

あ、みなとみらいの観覧車、イルミネーションが変わったんでしたっけ?ははー、綺麗ですね。

Zさん「うん、ほら、さっきまで逆飯テロみたいな画像をツイッターに連発しちゃったからさ、フォロワーさんに嫌われないようにこの綺麗な夜景をアップしたんだけど」

はあ。

Zさん「さっきまでリプとかリツイートがやまなかったのに、夜景を出したら反応がゼロだよ・・」

イヤよイヤよも好きのうち、は真理の一端なんですかね・・・?

このあと道を間違えて、群馬に帰ったのは夜中の2時を過ぎましたまる

珍獣屋 神奈川県横浜市中区野毛町1−45港興産ビル3号館2F 不定休で席数も少ないので予約がほぼ必須です

ポケットガール2 G以外はなんでも食べてしまうZさんの最新スマホゲーム。妹を8年間育てよう!

【閲覧注意】珍獣屋 虫っぽいモノ、虫みたいなモノ、具体的に虫。 珍獣屋(横浜市)” に2件のコメントがあります

    • あ、胴体食べてない…また行かねばなりません。ついて来てくれる人がいるかどうかは知りません。

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。