栃木のタレは宮のタレだけではなかった 若鶏専門の店・秀(大田原市)

別に公表するほどのことでもありませんが、私は鶏肉と青魚をこよなく愛しています。特に鶏肉にいたっては、一ヶ月間毎日でも平気で食べ続ける自信があります。ナマでも焼いても揚げてもOK。というわけで、お気に入りの鶏料理の店に行くとしましょう。

がいかん

その名も高き「若鶏専門の店・秀」さんです。若鶏専門ですよ!ニンゲンでいえばJKとかJD専門ってことですよ!えっ、違う?あ、場所は栃木県大田原市です。

いつ来ても地元の方々でにぎわっております。なぜ地元とわかるかといいますと、消防団とか野球チームの人たちが制服で集まっていますので。もちろんアウェー感とかなにも関係なく、どっかと腰をおろしますよ。

めぬ

あれ?久しぶりに来たらメニュー本が少々変わっていますね。この表紙から察するに、メニューがちょっと減ったのかしら?

めぬ

ちなみにこちらのお店、世にも珍しいかもしれない鶏肉がメインの焼肉屋さんなのです!「バーベキュー定食」は手羽肉だったかな?そしてとりかわネック(いわゆるセセリ)、そして団社長も大喜びであろう、ぼんじりオンリーの定食まで頼めるのです。素晴らしい!

にく

頼んだことはありませんが、一応豚や牛もいます。ハラミはいつか食べてみたいな・・と思ってはいるのですが。

かれ

そして実はウマいラーメンが・・あれ、ないぞ?いきなりカレーメニューにワープ!「順次品数を増やす」のメッセージはラーメンのリストラを意味していましたか!カレーは食べたことないですけど、ウマいとは思われます。フォンドボーとか卑怯なことが書いてありますし。

てい

そしてその他定食たち。実はこちらの鶏からあげが絶品でして、小籠包なんて注文してないぞ!って言いたくなるくらい、かじると熱々の肉汁がぶしゅー!!と飛び出すのです。無我夢中でフウフウホロホロとなること請け合いです。

からあ

コロモがご覧の通り竜田揚げ風なので、激熱肉汁発射装置との多段攻撃による口内ダメージは覚悟しましょう。なお、この写真は以前に頼んだものですよ。そんなにいっぺんに食べることはできません。

ぼんてい

まあゴニョゴニョ悩んでいても仕方ない!スパッと決めましょう。ぼんじり定食ください!あら、なんかあっという間に来ましたよ。

めし

ああそうでした、「ご飯少なめ」コールを久しぶりに忘れてしまいました・・チンチロリンくらいは軽くできそうな丼に、これでもかとご飯が盛られております。おかわり自由なのに一発目からすごいですね!

ぼん

しかし「」さんご自慢のタレに漬かったぼんじりがこれだけいれば、この程度の白米を片付けるなど、囊中のモノを探るがごとし。そう、肉そのものも素晴らしいのですが、こちらはタレの味が異常栃木で最も外貨をかせぐ食品は宮のタレと思われますが(イメージのみ)、わりと本気で勝負になる気がします。味の系統は違いますけども。ついでにドレッシングもウマいのですが、今日の定食では出番なしですね。

やさい

するとこれにすればよかったかしら?とかちょっと思いましたが、今は目の前のぼんじり定食に集中しましょう。

てぱん

鉄板を広々と使って焼き始めましょう。一人焼肉はエクストリームスポーツである!という意見もあるそうですね。でも個人的には一人で食べるものだと思っております。鍋とか焼肉とかライブな食べ物は一人の方が楽チン・・というのはぼっち専の発想なのでしょうかね?

みそ

味噌汁も小鉢のマカロニサラダも非常にウマい!・・のですが、漬物がパワーダウンしてしまったような?以前の塩もみの方が好きでした。復活希望します。

たれ

そろそろ焼けそうですので、ニンニクとコチュジャンでタレをカスタマイズしましょう。ここでぼっちのパッシブスキルが役に立ちます。そう、いつでもニンニク入れ放題!わーい。

やけ

あ、ぼんじりは脂バッチリだから炎が上がっていますよ!急いでたべないと!あちち!

スめし

タレに漬かったぼんじりで酒でなくご飯を食べる日が来るとは・・(ショボーン)とちょっと思いましたが、いざ食べると焼肉とメシって合うんですねー!!いやー、これはウマい!!完食してはいけない(ダイエット中)はずのご飯があっという間にカラッポに!やはりタレがうますぎます!売ってくれないかしらと来るたびに思っております。

すっかり満足いたしました。これで850円?安すぎませんか?と席を立ったところ

らんち

皮焼肉ランチ、デザートとコーヒーがついて800円・・・?ふはー!してやられたでござる!次回はホワイトボードを見てから悩むとしましょう。なおこちらの隣、というか同じ敷地のお店が「喫茶・秀」さんなのですが、入ったことはありません。なんとなく厨房も中でつながっているような。次回はそっちに潜入しようかしら、と思った次第です。

若鶏専門の店 秀 栃木県大田原市黒羽向町1222

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。