フクギ並木で幻のワルミを探すのです 備瀬のフクギ並木(本部町)

ミスター沖縄のT氏とめぐる沖縄本島、続きです。

いやー、素晴らしい水族館でした。くやしいですが、人生水族館ヘビー級チャンプに認定いたします。

T氏「それは良かった。ここから宿に行ったら5時くらいかな?チェックインにはちょうどいいかも」

確かにちょうどいいのですが、もう一か所お願いします。すぐそこなので。

T氏「すぐそこ?名所の今帰仁城は7・8キロくらいだけど、今から行って見物したらいい時間に・・」

いや、最近まで沖縄在住だった方にオススメスポットを聞きまして、ほら、こんな素敵なところが。

わるみ

ワルミっていうそうです。まあ割れ目って意味であるとは思いますが。

T氏「へー、これは知らなかった。かっこいいな!」

なんと干潮の時だけこうなるのだそうです。さらに入口がフクギ並木のわかりにくい所なので幻の場所らしくて・・探してみませんか?

T氏「また幻か!じゃあ行ってみるか」

というわけで向かいますは備瀬のフクギ並木。ちなみに沖縄美ら海水族館から1キロ弱です。

あ、たぶんあそこですよ。有料駐車場がある。500円です。

いぬ

おばあと犬がいました。フクギ並木の門番を続けてウン十年のおばあに聞き込みをしましょう。では、オホーツクでなく東シナ海ですが・・シュン、出番だ!「ひとに きけ ふくぎなみきのこと

T氏「あっ、俺がシュンなのか?・・えーと・・・おばちゃん、ここで特にコレだけは見とけ!って見所はどこ?」

おばあ「んー?いや、並木だからねー。ずーーーっと並木だよ。行って帰って40分かなあ」

T氏「40分も?で、途中ですごくキレイな景色とか、ほら、例えば岩とか割れ目とか、割れ目とか岩みたいな・・」

おばあ「いやー、だから並木だよ?最後まで行ってもずーっと同じだから、10分くらいで戻ってきちゃってもいいかもしれないねー」

ポ、ポルクンカッ!すみません、何か壮絶なネタバレを聞いてしまった気がするのですが。

T氏「ものすごく行く気がなくなってきたぞ」

ふくぎ

たぶんあのおばあは先週あたりから雇われたバイトなんですよ!だから何も知らないのです、きっと。気を取り直して行きましょう!ほら、並木って英語でtree roadっていうんですって!うわー、勉強になるなあ〜。

T氏「暑いから40分も歩くのイヤだぞ」

あっ、貸し自転車屋さんがありますよ。アレなら大丈夫でしょう?

T氏「よし、借りよう。一人300円だな。あれれ?自転車を借りた人は駐車無料・・」

見なかったことにしましょう。はい、出発〜。

並木

車の温度計で32℃くらいありまして、さすが沖縄はあちーなと思っていましたが、並木の日陰と自転車の風がここちよいですねー。

T氏「沖縄は暑い暑いってイメージだけど、湿気がなくてカラっとしてるからな。こういうところにくると気持ちいいんだよ」

うーん、これは爽快。

いし

あ、石敢當。そこら中にありますよね。なんなんですか?あれ。

T氏「沖縄にはとにかくいっぱいあるんだよ。丁字路とか分かれ道の真ん中に置く魔除けらしい。まっすぐしか進めないお化けがコレにぶつかると消滅するんだってさ。キーホルダーとかも売ってるぞ」

へー。沖縄のお化けはひたすら直進なのですか。そんなゲームあったような。または男塾の塾生なのかしら。

ふくひ

でーっと並木が続いて、途中にぜんざい屋さんとかアイス屋さんがあって、だーっと並木が続いて、ぜんざいとかアイスの店が・・おばあの大予言が事実のような気がしてきました・・でもたまに右や左への分岐がありまして、行ってみると

いえ

非常に風情のある民家があったりします。シーサーが一個だけ乗っていますね。かわえー。

うるとら

おや、日没閉店という、ハメハメハ大王のおくさんハメハメハ妃の就寝時刻のような曖昧な営業時間の店が。南国っぽくていいですね。

T氏「本部牛のローストビーフもパンケーキもいいなあ。昼に来てたら入ってたな。石垣牛もとぶ牛食べたいな」

フフフ・・それは明日予約してあるのですよ・・

水牛

あ、水牛の牛車ですよ。いやー、のどかでいい所じゃないですかー。

T氏「のどかさに騙されないぞ。ワルミはどうした」

むむむ・・あ、ほら、海が見えましたよ!

海

・・・あれ?

T氏「割れてないじゃないか」

うーん、こんなはずでは・・仕方ない、禁断の技でゴールを探しましょう。実は最近グーグルマップに掲載されたそうなんです。

T氏「どうして最初からそれで調べないんだ」

いやー、自力で探した方が面白いかなーと思いまして・・あ、出た出た。

あか

えーと、さっきまではたぶん赤線みたいなコースで岬の西岸をタラタラと走っていたのですが、ワルミはどうやら逆の東岸ですね。これでは見つかるワケありませんな。徒歩で14分だから自転車なら5・6分かと思いますが・・

T氏「・・・今満潮だよな?だから今行っても砂浜は見えないよな?」

あ、やっぱり面倒になっちゃいました?そうですね、満潮ということにしましょう。宿に向かいますか。

みち

帰りは細い方の道を行きましょう。いやー、ワルミは行き損ねましたが、結構いいですよ、ここ。気持ちいいし昔ながらの沖縄といった雰囲気はあるし。昔といえば、そう、昔のゲームの森の迷路を進んでいるような。

350

・・・これは昔すぎましたね(PC版のサラダの国のトマト姫)。エルミナージュの森ダンジョンとかそのまんまですかね。はい、わかりにくいですね。

結局おばあのおっしゃる通り10分くらい歩けば雰囲気は満喫できますので、これから行かれる方はぜひ最初からグーグルマップを活用してワルミを目指しちゃてください。

気がつけば夕方ですので、ホテルに向かいます。

 

備瀬のフクギ並木 沖縄県国頭郡本部町備瀬 沖縄美ら海水族館を出て左(北側)に向かって約1キロ

備瀬のワルミ 沖縄県国頭群本部町備瀬2278 らしいです。干潮時のみ

フクギ並木で幻のワルミを探すのです 備瀬のフクギ並木(本部町)” に4件のコメントがあります

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。