古典派喫茶店モーニングに沖縄の香りを添えて 喫茶COZY(コージー) 那覇市

ぎゅわんぶらぁ沖縄中心派T氏とめぐる沖縄本島・・ですが、今回はT氏ナシ、単独行動です。

モノレール牧志駅近くのホテルに泊まりまして、朝早くから国際通りを歩きます。私は朝食抜きに耐えられないのです。

こくさい

朝8:15の国際通り・・うん、さすがに誰も歩いていませんね!夜が遅い沖縄、朝も遅いのです。そこで数少ない早朝からやっている店に向かっております。

いちば

(朝は)閑散としている市場通りをちょっと歩いて右折すれば、目的の「ポークたまごおにぎり本店」が・・・って、おい!こんな時間から行列じゃないですか!行列を見ると自動的に反転する機能がついている私、朝食ガチャやりなおし!テッテ的に国際通り中を探しましょう。

えん

まあ、いきなりエンダ(A&W)発見!なんだかんだで未食ですし、ここにしようかしら・・・しかし開いている雰囲気がない。あら、開店は9時ですか。もうちょっと歩くか・・・

そして国際通りを約二往復、朝からいい汗をかいてしまいました。どうしよう?できればモーニングがある喫茶店などあると最高なのですが。えーとsiriさん、あなたに義侠心というものがあるならぼくを喫茶店に案内してください。

siri「こちらが見つかりました」

どれどれ・・おお、近くにありますね。「喫茶COZY」さんですか?行ってみましょう。

cおzy

う、おぉ!!なんということでしょう、あまりにも麗しい店舗!!好みどストライク!!

もー

そして当たり前のようにモーニングメニューが!しかも安い!もうここに決定です。

うす

薄暗い店内、空いている席に座ると・・う、おぉ!!十円ポーカーじゃないですか!コレがテーブル?美しすぎでしょ!!

めんっy

金鉱を掘り当ててしまったドキドキ感をおさえてメニューを見ましょう。結構色々ありましたが、まあ朝ですのでモーニングメニューだけ精査しましょう・・洋食セットか和食セットか悩むところです。

ポク・ポク・ポク・チーン!わかったぞ!昔埼玉で通っていた喫茶店の和食モーニングがうまかったので、和食セット!アイスコーヒーでお願いします。

店員さん「タマゴは目玉と玉子焼きどっちですか?」

またまた難しい選択肢を・・しかしメニューをよーく見ると、和食セットに添付のお肉はベーコンでなくポーク・・つまり玉子焼きを選べばポークたまご朝食にありつけるのでは?玉子焼きでお願いします!!

めし

店員さん「お待たせしましたー」

う、おぉ!!わたくしったら大ピンポン!!1秒も並ばずにポークたまご朝食、ゲットだぜ!しかもすっげーウマそう!

あいす

そしてアイスコーヒーは、見るからに冷たそうな金属マグに・・まあ、ストローの吸い口のところだけビニール袋が残されております。なんという素敵な心遣いでしょう。

みる

ミルクは残念ながらコーヒーフレッシュと言う名のサラダ油ですが、ガムシロはちゃんとした器に入っております・・・いや、どちらも使わないからなんでもいいのですが、こういう器で出てくるとなんだかうれしい。

どー

ポーカー台なのに役の説明が花札!なのは置いておいて、このあまりにも美しいモーニング城、どこから攻めれば落ちるのでしょう?

きtw

難攻不落と思われる堅城ですが、北の丸の野菜にこそスキがあると思われます。いや、単にベジファーストしたいなって話なんですが。ゴマドレッシングの風味も豊かなキャベツとトマトから攻めましょう。

おむ

このラグビーボール型のライスこそ堅城の証!!ちなみに食堂業界ではコレ、メロン型というそうですね。ラグビーでもメロンでいいですが、チキンライスやご飯がこのカタチで出てくると心が躍りますよ。てっぺんのゴマも良し!絵心がある店主さんですね。

ぽー

こ、これが真の沖縄のポークたまご・・箸をつけるのも恐れ多い美しさ(でも食べる)。

塩気もクセも強めのポークとふんわりタマゴが口の中で合体すると、おかずとしての戦闘力がハネ上がります!これはご飯はもちろん、パンでも酒でもいける万能戦士!うまい!うますぎる!!

さら

生野菜の下にはホッとせざるを得ないスパサラが。これでコーヒーまでついて550円とか、何の冗談でしょう。

みそ

みそ汁も手抜きなし!うーむ、満足・・と思いながら、チラッと隣の席を見るとあちらは洋食セットか。うわー、なんだあの分厚いトーストは!アレもウマそう!次は洋食セットでいきましょう。次はいつかって?知りません。

あいす

旅先でコーヒー飲むの好きだねボク、というわけでコーヒーを。もちろん喫茶店ですので非常にウマいです。沖縄のアイスコーヒーだから酸味が強いスッキリ味かと勝手に思っていましたが、なかなか苦味も香りもビシッとした漢らしいコーヒーです。

うーむ、こんな店が近所にあればなあ・・ここで朝食、その後ネカフェでネトゲ、そして夜は居酒屋の廃人黄金コースが楽しめるのに。

さて、心もお腹も満たされたので壺屋やちむん通りでも行きますか。次回はそれも含めて3日間で寄ったお土産スポットです。

 

喫茶COZY 沖縄県那覇市牧志2−16−9

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。