メバチマグロ首都・三崎港で最高の本マグロを発見 鮨処たち吉(三浦市)

メバチマグロ首都・三崎港で最高の本マグロを発見 鮨処たち吉(三浦市)

最近川崎市近辺で飲む機会が増えてきた私、車で来るのでもちろん宿泊するわけです。そして海あり県に泊まったら、港に行きたくなるのが海なし県民の偽らざる本音。

うみ

というわけで、三崎港に来てしまいました。一ヶ月くらい前に来たような気がしますが、気のせいです。

前回は喫茶店のモーニングを食べた直後に来てしまってセルフ満腹地獄に陥りましたので、今回は朝食抜きです。人間は学習するものです。

まぐ

でも11時前に着いちゃったけど、開いているお店があるのかしら・・と思ったら、呼び込みさんがいっぱいいますね。さすがマグロ水揚げ関東の雄、すごいですね。ここまで営業中の店が多いと逆に困ります。どこにしようと思って歩いていたら、むむ、本まぐろ・・・?どちらかというと遠洋メバチマグロがメインのここ三崎港で、最高級くろまぐろとな?

たち

どんな店でしょうと看板を見ると、「くろまぐろ鮨 たち吉」さん。なんとなんと、屋号よりくろまぐろ鮨のほうがフォントが大きいじゃないですか。すごい自信だ!

かんば

店外にメニューがあると、フラフラ歩いて店を探すタイプの人間にはありがたい。くろまぐろと地魚のおすすめ鮨3000円、づけ丼1700円、くろまぐろ大とろ中とろハーフ丼3950円・・・なかなか強気なお値段から見ると、相当立派なくろまぐろ、つまり本まぐろを出してくれそうな雰囲気。ここにしましょう。

見た目も小さいですが、中もカウンター数席とミニ座敷席2卓の小さなお店です。おや、おかみさん一人でやられているのかな?

おかみさん「あ、握る人すぐ来ますからね、メニュー見て待っててください」

はいはい。

めん

中のメニューも外の表示とほぼ同じ。さて、地魚とまぐろを楽しめるおすすめ鮨か、まぐろと金目鯛の2色づけ丼にしようかと思って入ったのですが、この「くろまぐろいろいろ鮨」が気になって仕方ない・・ランチの予算ではない気もしますが、脳天トロとかかまとろあぶりって200%ウマいですよね・・・よし、これだ!

なます

職人さんというか大将が原チャリで戻ってきました。大将がまぐろをホイホイ切っている間に小鉢がきましたよ。

おかみさん「まぐろの皮の酢の物です

いきなり嬉しくなるものが出てきますね。運転があるから飲めないというのに、どう見てもツマミ的武力75以上だろ、これは・・・

あー、ほらやっぱり。クニュクニュ感と適度なナマグサ風味が「僕はお酒に合うよ」と語りかけてきます。

にも

そして小鉢はまぐろ赤身の煮たやつですか・・三崎港といふは、電車で来るところと見つけたり。飲ませろー!!

かん

煩悩を断ち切るために顔を上げると、ホワイトボードが。そう、海鮮系の店に入ったらまずはコレをみなくてはいけないのでした。本日の地魚は・・黒むつにメダイ・・うぉっ、松輪サバ!!そうでした、三崎港には松輪サバがいたのでした!でもサバは世界で5番目くらいに日本酒に合う生き物ですので、ランチには向かない!と自分に言い聞かせます。

まぎ

大将「はい、お待たせ〜」

ふはっ!これはすごい!!ちょっとこれはウマそうどころではないですよ!!

みそ

まずは味噌汁で心を鎮めましょう・・寿司屋の味噌汁はウマいという法律がありますが、遵守されています。ふー、落ち着いた。

あらた

ではあらためて「くろまぐろいろいろ鮨」を見ると・・圧巻のビジュアルです。「200キロ超の天然くろまぐろ」はどう見ても真実である模様。

ちゅう

まずは中トロからいきますか。パクリ・・・・(←言葉にならない)

甘いとか口の中でとろけるとかよくテレビで耳にしますが、こういうことか!いや、テレビで食べているモノよりこっちの方がそうだろう!とか、もう自分でも何を言っているのやら。

のう

黒っぽい方がえら身ですね。生食は初めてです。お、キュコキュコとした歯ごたえがあって、この味は・・まるっきり馬肉のようです。へー、面白うまいですねえ。そしてとなりの鉢の身(脳天)は中トロよりトロだ!前回三崎に来た時に買って帰りましたが、こちらはスジもきれいに取り除かれて、とろける食感がブーストされています!うわー、酒、酒はどこですか?

あぶ

こちらの赤い方はほほ肉。よくステーキなんかで出る部位ですね。これも生は初めてだなあ。おお、わずかに酸味すら感じるような旨味のかたまり・・噛めば噛むほどウマくなる。そしてレモンが乗っているのはカマトロあぶり。聞いただけでウマそうです。こちらだけは塩をかけてということなので、差し出されたミルでガリガリと塩をかけて、パクリ。

いけない、口から味皇ビームが出るところでした!そりゃーカマトロをあぶって寿司になんかにしたら、甘くて香りが良くて旨味が活性化して大変なことになるに決まっていますよ!!ぐわわー、コレが一番酒を呼びそうな味でした!!

と

さて、最初に見た時に「あとでね」とつぶやいておいた大トロ先生の出番がやってまいりました。なんでしょう?このビジュアル。まぐろは見た目で味がわかる食品です。ほら、もうおわかりですね。

ものすごくウマいマグロでした。いやー、やっぱりマグロは本マグロだなー!!感動した!そして4200円でしたが、実は安い!大間の生マグロもいいですが、これだけの脂のり、つまり大型の大間マグロでこのセットを出したら一万円は軽くオーバーでしょう。遠洋冷凍本マグロバンザイ!!

 

まぐ

前回と同じく「産直センターうらり」さんの駐車場に車を置いたので、やっぱりマグロを買って帰りましょう。メバチマグロですが、非常に珍しい無添加のマグロタタキ!!普通は植物性油脂その他がたっぷり入っているのです。一緒に買った本マグロの中トロと一緒に二色丼にしてみました。うわー、この丼もウマい!三崎最高!!

しっぽ

そして前回うまかった尾の身の輪切り、今回はおろしポン酢で食べてみました。あ、こりゃーいいや!実はマヨネーズも合いそうだな・・次はそうしてみましょう。また行く気マンマンですね。

 

鮨処たち吉 神奈川県三浦市三崎5−2−6 駐車場は「産直センターうらり」さんまたは三崎の商店街専用駐車場を利用・どちらもサービス券がもらえた気がします

産直センター うらり 神奈川県三浦市三崎5−3−1

前回の三崎港行ってきた記事

大間でマグロを食べた記事

メバチマグロ首都・三崎港で最高の本マグロを発見 鮨処たち吉(三浦市)” に4件のコメントがあります

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。