伊賀名産で希少らしい伊賀牛をウハウハ楽しもう。養肝漬もありますのよ ステーキハウスGrazie(伊賀市)

伊賀名産で希少らしい伊賀牛をウハウハ楽しもう。養肝漬もありますのよ ステーキハウスGrazie(伊賀市)

実は今回、三重県ならメインは松阪牛かなー、すると音に聞こえる某金銀のお店のどちらかかなーと思いまして、人気店だから予約をしようと思ったら、どちらのお店も2名からの受付らしいのです。ソロ飲み戦士にとっては文字どおり敷居が高い!そんなわけで今回は松阪牛ナシ!他の店でもいいのですけど、なんとなく。

でも牛肉食べたいなあ。そんなわけで松阪の仇を伊賀で討つ!とかなんとか理由をつけて、あまり聞いたことない和牛、伊賀牛というものをせめてランチで食べてみようと思った次第であります。

せっかく駐車料金500円を支払ったので、上野公園駐車場に車を置いたまま歩いていきましょう。お目当ての店までたったの400m。てくてくと歩いて伊賀鉄道上野市駅前を通ると、なぜかメーテルと鉄郎が・・・

調べたら「忍者列車」なるラッピング電車が走っていて、そのデザインが松本零士先生によるものらしいです。そういえばそんな車両を見かけましたね。傷がないクイーンエメラルダスと思っていたら忍者だったのか・・・へーと見ていたら通過しちゃったので写真は撮れませんでした。次を待つほど鉄ではなかった。

どうでもいい情報として、私は松本先生の「男おいどん」に多大なる影響を受けまして、いまだにパンツを買うときはシマのパンツを選びます。

そして駅前すぐにあります、ハイトピア伊賀。中は商工会議所、観光案内所、コンビニやパン屋さん等、なんとなく統一性のない複合施設になっているようです。

その2階にあります「ステーキハウスGrazie」さんにやってまいりました。やって来たはいいけど開店は11時・・・今は10:50。ちょっとがっつきすぎたようなのでお店のまわりを不審な感じでグルグルしてみましょう。やあ、同じ2階のパン屋さん、レジ前にずらりと並んでいるな。うまそうな香りも・・・思わず買ってしましいそうになる。

店に戻ろう。あら、壁に貼ってあるのはなんでしょう。ジュエルステーキランチ!特選ステーキの切り落とし、サイコロステーキ、ほんのちょっとポークステーキが盛られたステーキの宝石箱!なかなか心の中の女子が黙っていないメニューですね。

くの一ステーキとか半蔵ステーキとか色々あるなあ・・・ってちょっと待て。ランチメニューの看板が表に出ているということは、すでに開店しているということでは?

入ってみたら開いていました。なーんだ。一番のりで鉄板つきカウンターに腰をおろしましょう。夜メニューではこの鉄板で焼いてくれるようです。

あらためてメニューを見ると、なかなか良いお値段ですね。さすが知名度はイマイチですが、食味ではトップクラスの評価を得ているという伊賀牛牛刺しとステーキを一緒に楽しめる伊賀牛恵ランチ」がいいかな・・でも和牛ならヒレがいいな。ヒレはどれかしら。「伊賀牛芭蕉ステーキランチ」5,400円!ランチとしてはなかなか挑戦的なお値段ですが・・・よし、これだ!

一番お高いメニューの名前が芭蕉半蔵とか百地丹波ではないのですね。やはりなんだかんだで伊賀のエースは松尾芭蕉なのか。でもあの方はゆかりの地が広範囲すぎて、生誕地の伊賀イメージは薄いなあ・・・とか考えていたらサラダとスープが到着。サラダは大根がメインでさわやかなフレンチドレッシング。うまいうまい。

そして来ました、我らが芭蕉先生!先に切られているので箸で食べるタイプですか。箸で食べる証拠に、ご飯が茶碗です。そのご飯はすくなめでお願いしました。「おかわりできますので」と危険な誘惑がありましたが、ここは我慢の子(夜いっぱい食べる予定)。

しかしこれは危険だ!運転があるから酒が飲めないのに、この見事な肉っぷり!白米の実力が発揮されてしまうではないですかーやだー。

オニオンソース、塩、醤油だれと三種の味もそろいました。オニオンは肉よりもやしに合ったのは秘密。

ではちょっと斜めからもう一度肉っぷりを拝見。うむ、まさしく指定通りのレアな雰囲気でニヤニヤしてしまいます。「男おいどん」で言うところの「タテだかヨコだかわからんステーキ」ほどではないですが、150gにしてはやけに大きく感じる。

最初はやはり塩でいただきまーす。パクリ。うほっ、なんと甘い肉、なんとウマい汁、なんとかぐわしい香り。和牛のヒレにしては肉らしいしっかりした噛み応えがあるのも好みです。伊賀牛、いいぞ!ウマいぞ!

次は醤油ダレでいきましょう。あっ、コレはいかん。白米とのシナジー効果がすごすぎます!牛肉に一番合うソースは醤油と言ったのは山岡士郎でしたか。肉とワインのバンコラン的食生活にはどうかと思いましたが、肉でメシを食う日本人には至言だ!ウマウマだ!ご飯をおかわりしなかったわたくし、よくがんばった!

わー、ああっという間にたいらげてしまったー。さすが肉屋さんか生産者さんかの直営店(だった気がする)。

ひとくちデザートとアイスコーヒーで怒涛のごとき伊賀牛タイムの余韻を楽しみましょう。いやはや、やはり和牛のヒレってうまいなー。お値段分の幸せをくれる、デキるプロフェッショナルです。

こんなにウマい店がこんなに空いていていいのでしょうか?たまたまですかね。

大満足なランチでしたので、少しくらいカロリー消費をしようとテコテコと伊賀の町を歩いていましたら、「養肝漬」というすさまじい名前の看板をちょくちょく目にします。なんなんでしょう。まさかレバーの漬物ではあるまいな・・・迷ったら行けばわかるさ!と本店らしき店に来てみました。「養肝漬 宮崎屋」さんだそうです。なんと重厚な店構え、みるからに老舗の風格。

どうやら瓜にキュウリ、大根、シソ等を詰めてたまり醤油に漬けた、いわゆる鉄砲漬けのことらしいです。試しに買ったら非常にしょっぱくて非常に酒に合う。ご飯にも合う。茶漬けにも合う。名物にウマいものありと思ったのですが

その養肝漬をドレッシングにしてしまった「かけるお漬物」が、サラダはもちろん豆腐にもバッチリ、マヨネーズと混ぜると和風なタルタルソースになったりと万能すぎまして、一本しか買わなくて失敗した!絶賛後悔中!!

 

お店の情報はこちら

ステーキハウスGrazie(ステーキハウスグラツィエ)三重県伊賀市上野丸之内500 ハイトピア伊賀 2F

養肝漬 宮崎屋 三重県伊賀市上野中町3017

“伊賀名産で希少らしい伊賀牛をウハウハ楽しもう。養肝漬もありますのよ ステーキハウスGrazie(伊賀市)” に2件のコメントがあります

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。