泡盛について学んで、買って、飲む! 泡盛まさひろギャラリー(糸満市)

泡盛について学んで、買って、飲む! 泡盛まさひろギャラリー(糸満市)

様々な世界を救うこと数百回、常にギルド1番の誇り高き戦士であるKさんと行く沖縄、最後です。

Kさん「レンタカーを返して搭乗手続きをして・・と考えると、動ける残り1時間といったところですが、どうします?早めに空港向かっちゃいます?」

いや、道の駅いとまんのすぐ近くに気になるところがありますので、最後に覗いていきましょう。

Kさん「車で2分、もう着いた・・ここは?」

泡盛まさひろギャラリーさんです。沖縄に来て泡盛を買わないなんて、マイケルのコンサートでビリージーンを聴かずに帰るようなものだと思いませんか。

Kさん「美ら海水族館に行かないのもマンインザミラー直前に失神してしまうようなものでは・・」

あれ、実は根に持っていたのですね。次回は行きましょ。

入るといきなり泡盛用のカメが・・・って、98000円という値段が。展示でなくて売り物?

Kさん「※ディスプレイ用って、そうでしょうね。仕込み用に買って帰る豪傑もいないでしょう・・あれっ?」

Kさん「こっちには一家に一つあると便利なこと疑いなし!90リットルのコック付壺がありますよ。いかがですか?」

43度古酒入りで348200円!もしかしたら安いのかも。

Kさん「買ったとして、本州にも送ってくれるんですよね。プチプチで包むのかな・・・」

NC、NRでお願いします。

まず1階は泡盛売り場です。年度を選べるヴィンテージボトル!いきなりスゲーの来ました!

Kさん「1999年ものから選べるのですか。2000年問題と戦ったあの日が懐かしい・・」

その頃から仕事としてプログラムに携わっていたのですか?ベテランだなあ。

店員さん「店内ほとんどの商品はご試飲いただけますのでー・・・運転でない方は」

・・・ですよねー。いいです、見た目とラベル情報で選びます。まずは五年古酒・まさひろ甕貯蔵ですか。5年もので35度で3000円は安い。

店員さん「そちらはこの直売所のみの販売になっております」

おお、しかも限定販売!これは購入まったなし。

店員さん「直売所限定ですと、こちらの蔵出し15年古酒もそうです」

40度の15年古酒360mlで3000円!?バーゲンプライスすぎませんか?買う買う!!

泡盛つけ込み梅酒「梅人」・・・これは珍しいかもしれない。いちおう買っておきましょう。梅酒はたまーにしか飲まないから、お土産用ですな。

購入したら福引がありまして、泡盛のワンカップが当たってうれしい。おや、Kさんも何か買ったのですね。

Kさん「ここの泡盛のロゴが入ったオリジナル前掛けを・・・」

なぜ。

Kさん「うーん、なぜでしょう?ちなみに福引の景品はうまい棒でした」

昔の沖縄の家にはこういった古酒蔵があったのですね。

店員さん「戦前は300年ものの古酒とかあったそうなのですが・・」

戦争でパカパカ割れてしまった、と。なんてことだ!こんな悲劇は二度と繰り返してはならない!

Kさん「全くです。300年ものなら私でも楽しめるまろやかさだったでしょう」

店員さん「泡盛の歴史に興味がおありでしたら、2階が泡盛博物館になっておりますのでご見学をどうぞ。今日は日曜日なので工場見学はできないのですが」

Kさん「行きましょう行きましょう」

2階に上がる途中にイカすポスターが。昔のポスターって、なぜこんなに味があるのでしょう。

Kさん「私も好きなんです。大して美人にも見えませんが、素敵ですよねえ」

おそらくメインの展示である様々な古酒コレクションは撮影禁止。とりあえずそれ以外の展示をちょっとだけ。

Kさん「泡盛の由来がありますよ。泡立ちでアルコール度数を計ったから泡盛・・?度数で泡立ちが違うんですかね」

猪口につぎて泡を盛するの図があるからそうなんでしょうね。今度やってみようかな・・・でも実は19世紀までは単に「サキ」と言われていたそうです。泡盛って最近の名称なのか。

そしてやはりイカすポスターの数々もあります。うむ、これは素直に欲しい!

Kさん「見ながら飲んだら最高でしょうね。昔のポスターに味がありすぎる理由は・・」

泡盛は寝かせて味わう!つまりポスターもそういうことですよ!

Kさん「たまにはいいこと言いますね。しかし」

Kさん「なんだかんだ一番味があるのは、このおじいのイラストですね」

うーむ、これは醸されております!このくらい味が出ると、タバコがない方が違和感がある。

Kさん「お互い吸いませんが、味のあるおじいにタバコは必須なのかもしれません」

さて、大変勉強になったところでそろそろ空港に行きましょうか。

Kさん「グッバイおきなわが近づいてしまいました」

 

ほんのちょっとですが、小腹のスペースができたので沖縄そばでもと思ったら、空港食堂さんが満員・・なので、フードコートでソーキそばを。

Kさん「ゴワゴワ麺にたっぷり紅ショウガで、非常にジャンクな味。これは安心の名物ですね」

沖縄料理の多くはジャンクなうまさと言ったら怒られそうですが、なんとなくそんな気がします。

飛行機内で飲む用にバヤリースマンゴーなど買っておきましょう。

Kさん「あれ、初めて見た。そして安心安定の味っぽい」

ちょっと飲んでみたら、信じられないくらいマンゴー味です。果汁10%なのに・・!

Kさん「化学の輝かしき勝利ですね」

というわけで、さようなら沖縄〜。

Kさん「突貫ですが非常に充実でした。次は2泊ですか」

茨城空港は車置き放題だし、2・3泊いっちゃいましょう。いやー、こんなに簡単に沖縄に来ることができるとは、茨城空港バンザイ!スカイマーク、エラい!

というわけで、沖縄の反芻をしながらいただく15年古酒。3年ものや5年ものにはない、異常ともいえるまろやかさなのでした。

 

泡盛まさひろギャラリー 沖縄県糸満市西崎町5−8−7

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。