埼玉の秘境・東松山で美しい穴子ちらしをいただくのです 懐食茶屋 わさび(東松山市)

埼玉の秘境・東松山で美しい穴子ちらしをいただくのです 懐食茶屋 わさび(東松山市)

例のごとく都内の飲み会に参加。翌朝はもちろん二日酔いですが、せっかく都内近郊にいるのです。誰かランチに行ける人いないかな〜。ということで、知人に連絡をとってみる‥

同人ゲーム作家のKきゃわさんから「行けまっせー」と返事が来た。よし、行こう!せっかくだから小一時間程度の軽いドライブも兼ねて、埼玉の何もない側(失礼)に向かってみましょう。

ププーと走ってたどり着いたのは、東松山の「懐食茶屋 わさび」さんです。

Kきゃわ「このお店に来た理由は?」

都内から車で1時間程度走るとなると、なんとなく東松山じゃない?適度に田舎だし。そしてこちらのお店、6・7年前のオープン間もない頃に来て美味しかった記憶があるので‥

Kきゃわ「適度に田舎」

まあほら、見てください。この落ち着いた雰囲気。

Kきゃわ「いいですな。俺のオカンが好きそうな感じ」

お店に入ると、奥の座敷に案内されます。テーブル席も5・6卓ありましたが、談笑するマッダームたちでいっぱいな模様。

Kきゃわ「あのマダムたちのくつろぎっぷりからすると、すごくエエ店っぽいすね!お座敷も落ち着いた感じの席でエエじゃないですか」

非常にエエですね。ではメニューを拝見しましょうか。

夜はよく知りませんが、ランチメニューはこれでもかというちらし祭りです。どのちらしにも前菜・茶わんむし・赤だしがついて、プラス400円でデザートとドリンクがつくという仕組み。

Kきゃわ「ぎょわ〜!こんなの決まらないって〜〜!!ふっくら穴子に焼き穴子‥カニにはらこ‥!!ふんが〜!」

たしかにコレは厳しい選択‥ですが、コッソリ穴子大好きなわたくし、ふっくら穴子ちらしで願いまーす。

Kきゃわ「あ、あなごぉ‥でもでも、ここははらこちらしにいっちゃおう!」

とりあえずやって来たのは‥お盆。

店員さん「少々お時間かかりますので、申し訳ありません〜」

そうですよね、店内いっぱいだし‥

Kきゃわ「俺たちの次の人たちはやんわりとお断りされてたから、ギリギリでしたな」

12時半でそんな感じなので、土日は早めに来た方がいいらしいです。

料理が来るまでお茶でも飲んで、ゆっくり待ちましょう。

Kきゃわ「あれ、玄米茶だ。ヒンナ」

あらホント、これはおいしい。急須ごと置いていってくれるのもうれしい。

というわけで20分程度待っていたら‥

Kきゃわ「すげーの来ちゃいましたね」

前菜らしいけど‥ランチの前菜がコレか?懐石でも始まるのか?あ、店名が懐食茶屋か。

Kきゃわ「卵焼きはいい塩梅だし、サツマイモあまーいし、豆もよく煮えてるー!」

そして驚きは、イモの隣のタマネギとパプリカがいきなり洋風ピクルス!そしてその横の切り干し大根がなんとカレー風味!!これが超うんめぇ〜!!

Kきゃわ「不意打ちじゃっ!コレはうれしい不意打ちじゃっ!」

切り干し大根カレー味には恐れ入りました。コレとピクルスと酒で永久機関ができそう。

お次は茶碗蒸しがやってまいりましたが、これがまた嬉しいあんかけ茶碗蒸し。ダシがきいたアンにはキノコと三つ葉、そして柚子の香り。やわやわなタマゴと一緒に、熱いながらもスルスルといただいてしまいます。

Kきゃわ「こりゃーオカンに教えなきゃダメな店だ!」

ほっこりしたところで、メインのちらしが登場。まあ、綺麗な箱入り。

Kきゃわ「これは開封の儀が大変ですな‥」

あっ、開けるところを動画で撮りだした!でもこちらは普通にいこう。オープン・ザ…

フタ!ぱっかーん。

うわー、超フォトジェニック!

左が塩穴子、右がタレ穴子というハーフ&ハーフ。めっちゃめちゃウマそうだな、コレ。

いちおうアップで。まずは塩コーナー!やや小ぶりですが、みるからにふっくらとした穴子がズラリ。

タレコーナーは、これは食べる前からわかる‥照りも頼もしいタレが全力でウマさを保証しております。

ではいただきましょう!どう考えても塩コーナーからいくのが正解と思われるので

一切れと下のご飯をガバッと取って、バクリ!

んあ〜、ふっくら穴子の名は事実だった!ほっこりした身の間からじわじわ出る旨味汁がご飯にしみこんで天国か!小ぶりに見える穴子、ぎっしりと味が詰まっているのでむしろジャストサイズ。

お次はタレ!皮付近の脂とタレのマッチングがたまらん‥!錦糸卵にキュウリ、甘辛く煮付けられた椎茸等々、ちらしの名に恥じない綺羅星のごとき具材がたまらない…ウマい、ウマいよ…!

Kきゃわ「こちらのはらこちらしが、これまた大変ですぜ‥刺身サーモンと自家製鮭フレークにイクラという最強な組み合わせ」

ふおぉ、どう見てもウマそう!一口ずつトレードしましょう。

Kきゃわ「3つが一体になったこの辺をどうぞ」

ではいただきましょう。パクリ。ぎゃーーー!イクラと自家製フレークのウマさに刺身の甘さ!天国かよ!お酒はどこですか〜〜っ!

うめーうめーヒンナヒンナーと騒ぎながら平らげましたら、なにか運ばれてきた。砂糖にミルク‥最近見ない角砂糖だ。

Kきゃわ「400円のデザートとドリンクのヤツですかね」

なるほどーと言っていたら、来た。アイスコーヒーに三種のミニデザート。ベイクドチーズケーキ抹茶シフォンあんみつ!あんみつなんて何年ぶりかもよくわからん。

Kきゃわさんのソレは?

Kきゃわ「うーん、俺は紅茶を頼んだつもりでしたが‥ちょっと動画を撮りながらフタを開けてみましょう」

また撮るのか。

Kきゃわ「しっかり紅茶だったー!しかもいい香りー!!」

そしてこのスイーツたちも非常にウマい!あんみつは上品な甘さとちょうどいいサイズ感、シフォンはこれでもかというもっちり感がすごい!

Kきゃわ「東松山って素通りしてたけど、あなどれない‥ここはものっそおいしかった!!オカンと来ておごってもらおう」

おお、カニばらちらしのレビューをお待ちしております。

 

懐食茶屋 わさび 埼玉県東松山市東平184-1

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。