和牛盛り合わせと炙りサーロイン寿司で和牛の真髄にたどり着くのじゃ 平城苑本館 浅草雷門店(台東区・浅草駅・田原町駅)

和牛盛り合わせと炙りサーロイン寿司で和牛の真髄にたどり着くのじゃ 平城苑本館 浅草雷門店(台東区・浅草駅・田原町駅)

浅草近辺で2日連続飲み会。ホテルに2泊は昼間ダラダラできていいけど、それだけにヒマだな‥だれか昼飯でもつきあってくれる人いないかな‥

「お〜、ヒマですぜ」

と快い返事をいただいたのは、同人ゲーム作家にして絵師のKきゃわさん。そんでは何食べましょ。

Kきゃわ「焼きますか」

昼から焼いちゃう?じゃあえーと、宿から近い浅草で‥うむ、ここだ。雷門の真ん前だから混むかもしれないので、一応予約しましょう。

やってきたのは「平城苑 本館 浅草雷門店」さんです。

Kきゃわ「派手な建物だー。あれ、開店前なのに並んでる。行列のできる焼肉屋さん?」

近くの蕎麦屋さんも大行列でしたし、やはりスーパー観光地。ランチタイムは戦場のようですね。

黄金の牛の上に黄金のビーグルというインチキ音楽隊みたいなオブジェの前で開店を待ちましょう。あと5分!

Kきゃわ「よく見るとビーグルさん、尻尾が折れてる」

なんと。かわいそうだから、それが見えない角度で記念写真を撮りましょう。おっとー!「和牛の真髄、ここに極まり」ですってよ!

Kきゃわ「極まり!今日ここで、和牛編完結か!」

そして店内に案内されまして、予約の有無を聞かれます。どうやら土日のランチタイムは予約がほぼ必須らしい。あわてて電話してよかったー!

落ち着いたテーブル席に案内してもらって、メニューを見ましょう。ランチ膳みたいなセットがメインみたいですね。カルビ三種盛りセット1380円とか、極まった和牛にしてはお手頃かも。

豪華絢爛な店舗からは想像できない、さらにコスパ大のメニューもございました。

Kきゃわ「てりやきロコモコ丼!ウマいだろうけど、ロコモコじゃジュジュっが楽しめないぞ」

上質なお肉で面白そうではありますが、まあスルーしておきましょう。

和牛カルビやハラミの五種盛りセットで1540円(税別)!あー、並んでいたみなさん、この辺がお目当なんですかね?カルビ・ハラミ・ホルモン二種にタン!

Kきゃわ「それ2人前いっちまいますかい?」

と思うでしょう?でも今日は車を運転する予定がないので、肉で軽く飲みたい気分。つまりランチセットではない‥もっと‥もっとだ!

ディナーメニューと思われる、盛り合わせにいってしまいましょう。宝蔵・二天・風雷と、宮本武蔵みたいな名前が並びます。悩むのも面倒なので、なんだか一番立派そうな宝蔵を2人前で願いましょう。

Kきゃわ「ににんまえで7300円と書いてある」

和牛の真髄ならそんなもんでしょう‥(余裕を見せつつ財布の中をチラ見確認)

生肉が糾弾されてしまう世知辛い世の中ですが、こちらは厳正な管理のもとにパックされた冷凍ユッケがあるそうです。

Kきゃわ「入口で『ご予約のユッケさま〜』って呼ばれてる親子みたいな二人組がいたけど、まさかユッケを予約したからそんな名前で呼ばれた‥?『ユッケご予約の方』じゃないのか‥!」

ふはは、いや、誤解がなくていいと思うよ!ユッケもいいなあ。予約しなくても食べることはできると思いますが、盛り合わせの量を見てから考えましょう。

ドリンクメニューの撮影をすっかり忘れていましたが、ニッカの麦焼酎があったことは覚えている!そしてソレばかり注文したことも覚えていますよ!安くてほんのりピートの香りがして、コレ好きなんです。

焼肉屋の最強防具、紙エプロン‥ですが、私コレ装備したことない。

Kきゃわ「でもほら、お店のロゴ入り」

おお、コレは写真を撮っておこう。

肉もいいけどキムチもね。ということで、まずはオイキムチが到着。爽やかさとともに乳酸菌が体内を駆け巡る、たぶん。あー、ニッカの麦がすすむ。

つまみ焼肉なので、ライスではなくサンチュをお願いしました。

Kきゃわ「焼肉には白い飯だろうが!」

おお、ゴローちゃん!どうぞどうぞライスを頼んでください。

Kきゃわ「きゃほーい!ライス一丁!」

レモン汁・ワサビで食べる用の醤油・タレとそろいました。主役の登場は近い。

脳内でハンセンの入場テーマ、サンライズを流していたら…はい、入場!宝蔵・二人前

Kきゃわ「これが‥真髄‥!」

あまりの真髄っぷりに松の木まで生えています。

店員さんの説明をすっかり忘れてしまいましたが、本日の厳選部位がトモサンカクと何か、そして上ロースに上ヒレ、上タン塩にハラミ、とどめに厚切りサーロインということです。

Kきゃわ「どれも霜降りが素晴らしすぎて見分けがつかない」

この拍子木っぽいのが厚切りサーロインなんじゃないの?

Kきゃわ「厚切りってキーワードだけで正解にたどり着きましたな。じゃあいただきましょうか‥」

あっ、ちょっと待って。もう一つ頼みたいものがあった!

白飯でなくサンチュで食べるとかなんとか言った気がしますが、これはぜひ食べたかった「炙りサーロインの握り」です。

Kきゃわ「きゃっほーい!!めっちゃウマそう!」

メニュー表記では3カンで1000円ちょいでしたが、4カンにしていただきました。

Kきゃわ「つまり2ついっちゃっていいということですな」

そういうことです。平和のために偶数です。

さあ、丁半出揃いました。これより焼肉昼飲みを開催いたします!起立、礼、着席!

まずは上タンじゃー!この店の並タンは食べたことないけど、上タンなんじゃー!

Kきゃわ「ブリっとたくましい歯ごたえ!うわーい」

ホントにタンは焼肉界の前菜にふさわしい‥!これを食べると狼煙が上がる気がします。

コレはトモサンカクだっけ、なんだっけ‥

Kきゃわ「とにかく焼け〜い」

お上品にワサビと醤油でいただきましょう。霜降りにはコレがヤケに合いますよね。そして焼酎が素敵に合いますよね。ごくごく。

Kきゃわ「軽く飲むって言ってたような」

こんな肉を前にしては、そんなセリフこそ不純物…!

Kきゃわ「上品もいいけど、やはり焼肉といったらタレを白メシにタレをキャッチさせーの、オイキムチを添えーの‥」

おお、茶碗内に小宇宙を形成しはじめたぞ‥!

Kきゃわ「そしてちょっと薄めな肉を焼いて‥」

まさか‥アレをやる気か‥

Kきゃわ「うぉお、肉巻き〜!!タレ・肉・メシで口の中がお祭りわっしょーい!」

ぐままま、うまそう〜。急にコメがうらやましくなってきたぞ‥あっ、そうだ。

サーロイン握りがあったじゃないですかーやだー。

食べる前からウマいことはわかっていましたが、食べたら思った以上に大変だった‥!炙って旨味ブーストされた肉とメシはもちろん、ワサビまでいいやつだこれ。感涙にむせびながら飲み込んで、焼酎をグイっと‥

Kきゃわ「大丈夫っすか。昇天5秒前のラオウみたいな顔になってる」

我が生涯に一片の悔いが‥いや、まだあった。ホルモン食おう、ホルモン。

そんなわけでシマチョウ追加!

Kきゃわ「ホルモン!白メシ!白メシ!ホルモン!」

ちょっと、食べる前から永久機関発動しないの!どうどう。

ぷるっぷるの脂と濃いめのタレが、白メシやサンチュを奪ってやまない。あっという間に平らげてしまった!

Kきゃわ「ヒンナでしたな〜。お寿司と白メシでお腹いっぱい」

うーん、ここまで肉がウマいとちょっと他の料理もの‥スープとか冷麺も気になるじゃないの。

Kきゃわ「まだ何か頼むんですかい」

ありがたいことにミニ冷麺がありました。麺とかクッパのミニ、本当にうれしい。

韓国より盛岡な雰囲気ただよう冷麺は、穏やかな酸味とキムチの旨味で爽やかです。実は冷麺でもう一杯飲むのが好きで‥だって水キムチだもんね。合わないはずないよね。

Kきゃわ「別にいいけど、夜飲み会って言ってませんでした?」

ん‥?あー、今まだ12時半だから大丈夫でしょう。

Kきゃわ「大丈夫…なのか…」

お会計時に平城苑キャンディーをいただいたので、ビーグルさんの前で記念撮影。いやー、うまかった!焼肉最高!

Kきゃわ「やはり外食の王様!」

実はここ浅草、イカす焼肉屋さんが多いのでまた焼きましょう。

 

平城苑本館 浅草雷門店 東京都台東区雷門1-15-10

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。