新東名といえば駿河湾、駿河湾といえば桜えびとしらす!生と釜揚げを同時にいただいてしまおう するが食堂(沼津市・駿河湾沼津SA下り)

新東名といえば駿河湾、駿河湾といえば桜えびとしらす!生と釜揚げを同時にいただいてしまおう するが食堂(沼津市・駿河湾沼津SA下り)

「誰か一緒に鳥取行ってくれる人いませんかー」

京都のゲーム会社でデザイナーをやっているAちゃさんがTwitterでそんな呼びかけを!これは関東から2・3人で参戦したいけど、平日が絡んでいるじゃないの。それでも大丈夫そうな人は‥おおそうだ。絵師のKきゃわさん、行こう。

Kきゃわ「鳥取?いいすな」

カンタンだな。では出発だー!新東名をブブーと走りましょう。

はい、とりあえずNEOPASA駿河湾沼津、いわゆる駿河湾沼津サービスエリアに到着〜。朝飯兼昼飯を食べるよ。

Kきゃわ「きゃほーい。サービスエリアめしだー!」

せっかくだからカレーやそばといったドライブインチックなメシではなく、静岡的なモノをいただきたいところ。やあ、海鮮丼屋ってそのまんまな名前のお店がある。釜揚しらす釜揚桜えび丼とメニュー名もド直球だけど、駿河湾っぽくていいわね。

Kきゃわ「握ってあるお寿司もあるー!ここいいすな!」

あれ、もう一軒海鮮丼な雰囲気のお店があるぞ。さっきのところはテイクアウト専門、こっちはフードコートに入っているのか。

Kきゃわ「こりゃ悩ましい!どっちにするか俺には決められない」

こっちのするが丼もしらすと桜えびだけど、生と釜揚げの両方を同時に楽しめるのか。1680円と少しお値段は張るけど、生桜えびと生しらすはいいな‥よし、ここにしよう。

するが食堂」さんに決定。するが丼の食券を購入して、テキトーな席に座ります。

できたら呼びますブザーが鳴ったので取りに行きましょう。おお、桜えびとしらすの美しい紅白に錦糸卵の黄色が映えるじゃないのー。ふつくしい‥!

Kきゃわ「なんとなくカップヌードルな色彩」

なるほど、道理で食欲をそそられるわけだ‥!

醤油、しょうが、ワサビは受け取りの時に自分で取るスタイル。桜えびとしらすか…しょうが醤油にしようかな。

まずみそ汁をすすってふ〜と一息。ネギと油揚げ…と思ったら麩だった。麩のみそ汁好きなのでうれしい。

それではするが丼にいきましょう!生桜えびに釜揚げ桜えび、生しらすに釜揚げしらす、上には錦糸卵で下には一面の海苔。この完璧な布陣、どこから攻め込むべきか…!

実は生しらすより釜揚げの方が好きだったりします。でも群馬にいるとなかなか食べる機会がないので、メニューに生があると思わず頼んでしまう。やはりここから行くかな…

Kきゃわ「いやー、俺の番になったら券売機が壊れやがりましたよ」

なかなか来ないと思ったらそういうことか。何頼んだの?

Kきゃわ「しめさば・しらす・サーモンたたき・まぐろ丼!どーん!」

どーん!そうか、この人ったらサバが大好きだったんだー。

Kきゃわ「サバちゃんがいい感じの締まりっぷり。いや、フードコートのレベルじゃないっすよ!」

なんだって?ではこちらも食べよう!

通常の海鮮丼は小皿の醤油にいちいちつけて食べる派ですが、これはちょっと無理なので醤油をかけ回すとしましょう。店頭にも「醤油をかけてかき混ぜて食べてね」と書いてありました。

しょうが醤油をざざっとかけ回して…

かき混ぜ…いやその前に、生しらすだけほんの一口。

あー、このネットリ感…これだけは釜揚げにはないやつだー。うん、やはりたまに食べるといいぞ、生しらす。

それではまぜてまぜてー、駿河湾ビビンパブのできあがりー。

甘ウマな釜揚げ桜えびと、ちょっとプリからのトロ〜ンという生桜えびの食感が同時に攻めてくる!釜揚げしらすもうまいぞ!

Kきゃわ「そして想定よりご飯が多いぞ!」

うん、思いのほかお腹いっぱいだ!この後オヤツを考えていたけど、どうしようかな…

Kきゃわ「お腹いっぱいだし、入るかなあ。ちなみに何ですかい?」

牛乳屋さんのソフトクリーム

Kきゃわ「なっ…!このお腹が張り裂けても食べゆっ!」

じゃあ行きますかー。    つづく

 

するが食堂 静岡県沼津市根古屋919-1 NEOPASA駿河湾沼津下り

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。