突撃、タカリ族の台所!蕎麦粉のパンケーキとマトンカレーでネパール気分120%! セルチャン タカリ・キッチン(太田市飯塚町)

ダルバート食べたいな〜。ダル(豆スープ)とバート(ご飯)のネパール式定食。

インドネパール料理はいくらでもある太田大泉エリア、きっとあるだろうと思って探してみたらやっぱりあった。よし、行こう!

やって来たのはバスターミナル太田の向かい側にあります「セルチャン タカリ・キッチン」さんです。ネパールでも特に料理上手とされるタカリ族のキッチン!魚群以上の期待感ですよ。

いざクルマから降りたら、お持ち帰り餃子の窓口にコケそうになった。そうか、この建物は元ラーメン屋だったな。

気を取り直して入ったところ、やたらと広い店内に先客はナシ。どこに座ってもよさそうなので窓際のテーブル席をゲットだぜ。

ランチメニューはこれか。キーマカレーとライスのセットが700円より。ノン野菜セット…ああ、肉が入ることをノン野菜っていうんだ。ベジタリアンが基本なのかな。

でも今日はダルバートなんだと言いつつ、チーズナンや生はるまきに横目をひっかけてしまう。気が変わるまでに見つけないと。

出た〜、タカリキッチンセット!チキンセットとマトンセットがいわゆるダルバートだな?よし、マトンで…いやちょっと待て。ゴウゲンセットってなんだ?もしかしてコーゲン・ロティ?つまり蕎麦粉のパン?

そんなの食べたいよ!ゴウゲンセットをマトンで…あ、辛さが選べるのですか。上から2つめの辛口で願いま〜す。

ドリンクはチャのアイスでお願いしたところ、なんかオマケのスナックがついてきました。きしめんの切れっ端を揚げてほんのりスパイスを加えたような‥美味しいかと聞かれるとよくわからない、でもやめられない止まらない。

チャは濃いめの紅茶にむせっけえるほどのスパイス、たぶんクローブやカルダモンが効いてウマいのなんの。こいつは期待しかございません。

そしてやってきたゴウゲンセットはなんという迫力でしょう。ダルバートのセンターであるコメが蕎麦粉パンケーキに替わったわけですね。まさに定食!

店員さん「ゴウゲン2枚ありますが、おかわりダイジョブです。ダルもおかわりデキマス。言ってクダサイ」

そうなんですか?ダルバートって基本おかわり自由と聞いてはいたが本当だった・・まあ少食の悲しさ、言うほど食べられないのですが。

ゴウゲン、コーゲンロティ、蕎麦粉のパンというかパンケーキというか。いわゆるダッタンそばらしい、いかにも雑穀なほんのり酢ゆい香り。まずはこれだけで食べようかと思ったら、あっちい!焼き立て間違いなしじゃ〜!

定食の味噌汁にあたる豆スープ、ご飯ならかけちゃうところだけどパンケーキだからどうしようかな。とりあえずスプーンでそのまま飲む…うむ、黒いウラド豆(たぶん)がたくさん入って、ほんのりスパイシーな滋養スープというところ。

ウマいのかと聞かれるとよくわかりませんが、なぜかスプーンが止まらない。

こちらはマトンカレー、辛口で頼んだだけに辛そうな色合いですね。しかしダルスープなみに汁っぽいけどマトンはどこ?ちょっとさらってみるか。

うわわ〜!骨つき肉に皮つき肉にと、マトンのウマい部分がボコボコ入っていたー!テロテロの骨の髄も吸えるぜ〜!

マトン片とカレーとダルをロティにのせてガブ〜といけば、みなさん主張が強いのにしっかりカルテットになるカニカニ大合戦。ぐはふは、うんめえ〜!!

辛口と言ったけどそれほど辛くないな、チリよりコショウが主体でじんわり残る感じ。そしてクミンは控えめ、チャと同じくカルダモンが頑張っているふいんきです。

カレーというよりスパイシーな羊肉の煮込みスープだな。こいつは羊好きにはこたえられない。ヤギ汁好きにも合いそう。うまい 羊 うまい。

付け合わせのトマトチャツネが一番「カレー」っぽい味だったりします。正直、コレと蕎麦ロティで朝食は完成する。

ですがダルバートは定食ですからね、大根・人参のアチャールやほうれん草のソテーに

じゃがいもとさやいんげんのカレー風炒めなんてオカズ群も充実!

ほうれん草といんげんを合わせて食べるのもうんまいし

マトンカレーとスパイスの効いたイモをまとめて蕎麦粉ロティにのせて食べるも良しっ!ダルバートはまぜまぜと見つけたり、たり〜!

ロティやスープのおかわりを聞かれるたびに「大丈夫デース」と断っていたのですが、湯気の立つほうれん草とイモを直接持ってきて「おかわりどうデス?」と攻めてきた!作っちゃったんじゃ断りにくいじゃないか。

で、ではサグを少々・・ということでいただきました。1200円と少し良いお値段ですが、プレート上のほぼ全てがおかわりOK、むしろ強制なので大食漢の方にはコスパ最強なのではないかと。

ほとんど全てが中毒性が高いなあ。なんか野菜食べた感もあるしスパイスたっぷりだし栄養的にも素晴らしいのでは。すっかり満足したのでお会計を・・

と思ったのですが、あまりの中毒性のため夜にも何か食べたくなった。晩酌向けのテイクアウトは何かないかな〜。

タンドリーチキンをテイクアウト!手づかみでいただいたらすんげぇ〜、うめえ!なんとなくじゃなくて豪速球でうめえ!なにこれ、永遠にしゃぶりたいじゃないの。

そして丁寧に手を洗ったのに関わらず、翌朝まで手がスパイスの香り満載でしたよほんとにもう。夢にまでカレーが出るところだった。そしてすっかりハマったぞタカリ族の料理。次はチキンダルバートだな。

セルチャン タカリ・キッチン 群馬県太田市飯塚町184-1

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。