世界一のマツタケハンドによる松茸づくしコースで秋の宴だ! 舞桜(中央区・銀座駅・銀座一丁目駅)

世界一のマツタケハンドによる松茸づくしコースで秋の宴だ! 舞桜(中央区・銀座駅・銀座一丁目駅)

鳥取旅行の途中だった気がしますが、今の季節だけのものをいただいてきたのでそちらの記事を。

「なんかさー、松茸食べたくない?ちょっとじゃなくて、ドーンと松茸だらけコースみたいなので」

あいかわらず唐突にお題をふってくるのは、横浜の金髪鬼Zぼさま。秋の王者、松茸!いいですね。

Zぼ「でしょでしょ?じゃあ何人かに声かけてみるからお店はよろしく!」

あー、でもお高いのでは‥

Zぼ「いいよいいよ、お酒込みで一人2万までならいけるよ!たぶん。そういうヤツら呼ぶよ!」

ふえぇ、みんな金持ってんなぁ‥まあいいや、それだけの予算ならきっといい店が‥と思ったら、4万とか5万のコースがザラじゃないですか〜。松茸おそるべし!

‥ふむふむ、ここなら手が届きそうだぞ。

というわけでやってきたのは銀座、しかも一丁目という銀座中の銀座です。

Zぼ「本当に2万で済むの?ところでどの店だっけ」

このオール飲食店ビルディングの6階、たしか名前が‥

そうそう、「舞桜」さんです。魚と日本酒が売りらしいですが、この季節のみ松茸特化店ということです。予約はバッチリなので入りましょう。

6人で行ったら個室に案内してもらえました。2卓に3人ずつ座る珍しい形式。

Zぼ「松茸メニューっ!どれだっ!コレか!」

「ひぇ〜!一本焼きは時価ですかい!」

絵師のKきゃわさん、あわてることはありませんよ。

ほら、その一本焼きの大先生が入ったこちらのコースをお願いしてあるから大丈夫。

Kきゃわ「いちまんえんと13000円のコースに一本先生がいるのですな」

Zぼ「一万円コースはすき焼きがあるけど、俺すき焼きって好きじゃないのよ!」

そう聞きましたので、13000円の極味コースにしました。

Kきゃわ「ひえ〜〜!!一番上のコースじゃないですかい」

それでも松茸づくしコースとなると、大変お安い‥んじゃないかなあ。

それでは飲み物を頼みましょう。私はかの魯山人が愛したという七本鎗をいただきます。すごくしっかりした、骨太な日本酒です。

Zぼ「俺は生!生の人〜。4人か」

Kきゃわ「俺は松茸だから日本酒をチビチビいきたいですが、スッキリ飲みやすいのはどれでしょ」

こちらのくどき上手は超辛口だったはず。ベッタリした甘さとは無縁の、切れ味全開のお酒。

Kきゃわ「じゃあそれで」

はーい、かんぱーい。

ついでにあと3人はカポエイラの達人Eプレさん、Zぼさまといつも飲んでいる横浜の開発者bらんちさん、これまたZぼさまとよく飲んでいる千葉のカピバラ系開発者S根さんです。

突き出しというか最初の酒菜。なんとこれは‥

Zぼ「いきなり松茸じゃないかよ!」

松茸やキクラゲをポン酢的なタレで和えた‥ああ、酢の物風にしても口の中から香る松茸、すごい。

Kきゃわ「プチトマトの皮を剥くという、世の主婦が発狂しそうな仕事がしてあるのがまたすごいですな」

Zぼ「キクラゲうまい!キノコってうまいな!」

お次は松茸料理第一の爆弾、急先鋒である土瓶蒸し

Kきゃわ「実は俺、土瓶蒸しの食べ方知らんのですが」

簡単ですよ。こちらは固形燃料で温めるスタイルなので、湯気が出てきたらフタをあけて香りを楽しんで、その後おちょこに一杯入れてふは〜と。その後は飲んで具を食べて、飲んで具を食べて。たまにスダチをしぼって。

Kきゃわ「あっ、湯気が出てきた!」

よし、フタに鼻を近づけて、パカっ。

ほわわ〜ん。

Kきゃわ「たまらんわ〜、これ」

あーもう、個室中全部松茸の香りになっちゃうじゃないのよ!最高かよ!

Zぼ「俺もう飲んじゃう〜」

あっ、早い!お味はいかが?

Zぼ「‥ダメだよ!今年飲んだ液体で、酒をのぞけば一番ウマいよ!」

なななな、なんだってーー!?

まず一口クイっといくと‥ふわーい!

Kきゃわ「香りはもちろんだけど、松茸先生ダシ出まくりじゃないですか?」

キノコっていいダシが出るけど、さすが斯界の王者ですな。では次はスダチを軽く一絞り‥

Kきゃわ「ふぎゃあ〜〜!!」

なんじゃこりゃ〜!!香りと旨さがいきなりレッドゾーン!!

Kきゃわ「松茸と柑橘の相性、おかしいじゃろ!」

お次はお造りです。なんだか白いお刺身がいっぱい。12時方向の細かく刻まれたモノと、左上段を占める大根が謎でしかたない。

大根を横から見たら、マグロパイセンと鯛部長がいらっしゃったー!!こういった大根もツマっていうのかな?

Kきゃわ「白身でマツタケさんを包んでな、パクッと食べるとたまらんのじゃよ‥」

えっ?あの茶色い謎の物体、マツタケパイセン?どこまで松茸で攻めるんだよ!そしてその通り食べたらめっちゃめちゃウマいじゃないのよ!

造りでほわ〜っとなっていたところに来たのは‥なんですか?茶碗蒸し?

店員さん「フォアグラのムース、松茸あんかけです」

Kきゃわ「‥全部がパワーワードでよく理解できなかった」

とにかくいただいてみましょうか。

Kきゃわ「ぎゃーーー!!!」

Zぼ「バカなの?うますぎるよこれ!」

茶碗蒸しのような、なめらかフォアグラムースと松茸餡!

bらんち「出社ログインボーナスで毎日コレが出たら、会社に行きたくなるんだけどなぁ‥」

なにその福利厚生!最高だろ!

その次に来たのは‥ちょっと待て。牛ヒレの王者シャトーブリアンのステーキ。付け合わせが‥マツタケ?

Zぼ「ちょっと待ってよ!どんだけマツタケ推しなの?」

肉とキノコの王者が揃い踏みしてしまった‥!

一切れ目でヒレの食感と赤身の旨味を楽しんだらば‥コレじゃ!

Kきゃわ「ひえーい!マツタケ寿司のシャリがシャトーブリアン!意味わからんよ!」

マツタケの香りとシャキッとした歯ごたえ、ヒレの柔らかさと赤身特有の旨味‥!なにこれ、永遠にお酒が飲める2千万パワーズじゃないの。

幸せに浸っていたら、火鉢が運ばれてきて‥なんかスゲー松茸と、包丁を持った紳士が来た。

「当店の料理長です。これから松茸を丸ごとこちらのお席で焼かせていただきます」

Zぼ「きったーーー!!これがメインイベントよ!」

Eプレ「すごい松茸ですね!国産?」

料理長「中国産ですが、厳選しております」

料理長「では焼きますね!」

うわー、生まれて初めて見た!松茸のキャンプファイヤー陣!

Kきゃわ「ここの真ん中に住みたいわ〜。毎日松茸の香りにむせるんですぜ!」

料理長「でもきっと熱いですよ」

Kきゃわ「床暖房が炭火かー!そりゃざんねん ( ͡° ͜ʖ ͡°) 」

素晴らしい焼き色になってまいりました‥個室中がたいへんなマツタケの香りですが、特にEプレさんの表情が恍惚としすぎている。

Eプレ「換気の関係で、全ての香りが俺のところに集中しているみたいですね」

Kきゃわ「だからそんな弥勒菩薩みたいに素敵な表情なんですかい?ちょっと、松茸の煙を浴びたその頭皮の匂いを嗅がせろ〜!」

試しにとEプレさん側に回ったら、むせっけえるほどのマツタケ香!ふっは〜、しわわせ。

はい、上手に焼けました〜!焼きながらトークを聞いたところ、料理長は東京で一番松茸を焼く人‥つまり日本で一番焼く人‥つまり‥

Kきゃわ「世界一のマツタケハンドじゃないかい!ふわゎ〜、手の匂いを嗅がせてもらっても?」

料理長「松茸の香りを楽しんでください。私としては焼くところより、今これからのシーンを見て、写真を撮っていただきたいですね」

ふぉっ?なんですかそれ。

料理長「私と数十年連れ添った包丁で松茸を軽く切って‥」

うわー、研がれまくって細くなった、怪しい輝きを放つ包丁‥!

料理長「一気に‥えいっ!」

ずばばーんと裂かれた!!これはうまそうじゃー!

見事に焼かれて見事に裂かれた松茸さん!これをシャクシャク食べちゃっていいの?なんて罪深い‥

料理長「小皿の塩をスダチの汁で溶かす感じで混ぜていただいて、かるくつけながらどうぞ」

なんですか、その絶対ウマいであろう食べ方!

てんてんとスダチ塩をつけて、カプリ‥シャクっ、シャクっ!ほわわーん。

Kきゃわ「コレは‥あかんやつですわ」

Zぼ「ちょっとー、口から鼻に抜ける香り、おかしくない?」

シャキシャキ感も香りもとんでもないチートですな‥!こんなの日本酒を呼ぶだろ!

料理長「私からささやかですが獺祭を2合持ってこさせますので、残りのメニューもお楽しみください」

Zぼ「何この男前料理長!最高かよ!」

獺祭という援軍が来ましたけど、このウマすぎコースはいつまで続くんじゃろ?

Kきゃわ「さきほど残りわずかですがって言ってた気がするので、そろそろシメのご飯とかじゃないっすかね?」

Zぼ「‥おいっ!松茸コロッケお待たせしました〜って来たよ!シメどころか揚げ物来たよ!」

松茸‥コロッケ‥?

どんなもんじゃろ?とかぶりついてみたら、極上のクリームコロッケに松茸の角切りがゴロゴロ‥!

Kきゃわ「なんなんじゃ〜。コロッケ界の天下狙ってるんかいお前!」

Eプレ「松茸ってやっぱりキノコなんですね。めちゃめちゃ油に合う」

フォアグラ&トリュフ、シメジ&バター‥そうだよね、いつも油と共にいたよね、キノコ‥!

店員さん「お待たせしました。土鍋の松茸ご飯、炊けました!」

ぷぎゃー!!風向き関係なくプンプン香るマツタケ!!来たよ、リーサルウェポン‥!

ちょっとちょっと!いい感じのお焦げができているじゃないのよ!

店員さん「これがないと美味しくなりませんので‥」

そりゃそうだ!その辺を重点的にわたくしめに盛っていただいてよろしいですか?

Kきゃわ「それは許されませんな。均等に願いますぜ」

土鍋炊き松茸ご飯、赤だし、おしんこ!なんだこの完璧な布陣は‥!もしかしたらこの組み合わせでお酒が飲めるのでは?

Kきゃわ「いや、追加注文してるでしょ。飲む気まんまんでしょ」

そうでしたっけ‥ふはーい、脳内ライブラリにない、ちょっと不思議なダシの味噌汁をかるくすすってお酒を飲むと‥た、たまるか!

松茸ご飯の味?そんなの‥うまいよ!うまいしか言えませんって〜。

メロンをいただいて‥あら、このメロンめちゃめちゃ甘いな。

Zぼ「最高だね!でもこれから一年は松茸はいいかな‥」

まさしく一年分たっぷりいただきました!これは‥また来年?

Zぼ「お金たまったらね!」

なんだかんだで一人18000円でした!これなら頑張ればまた来年も来ることができる‥といいなあ。

 

舞桜 東京都中央区銀座1-5-10 銀座ファーストファイブビル 6F

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。