伊豆で中華を食べよう ④ シェンロン夕食後編・伊豆海鮮中華

次に出てきますのは、追加メニューの中華パイ

IMG_0119

サクサクふんわりの自家製パイにコンビニ肉まんを洗練させすぎたような中華餡が入っています。毎回追加注文しています。以前はレギュラーメニューだったそうです。復帰熱望します。

同じタイミングで丸鶏ダシの卵スープが出ましたが、写真撮る前に飲んじゃいましたよ。無化調だへったくれだとか言うはるか以前から無化調なシェンロン。舌に刺激がこない旨さが続きます。

IMG_0122

朝どり筍地海苔かけ。中華なんですかね、これ。酒がすすむのは間違いないので、この辺で千葉は寺田本家五人娘を頂きます。バカみたいに力強いお酒です。

IMG_0121

必殺メニューの伊勢海老大蒜老酒蒸し。ニンニク、ネギ油、老酒、伊勢海老。道ですれちがう人全てにのど飴を手渡したくなるほど幸せな気分になれます。これと次のメインを食べたくて、毎度ここに来ている気がしますよ。

IMG_0118

そしてそのメイン、金目鯛の清蒸。これぞまさしく伊豆の中華。写真では見えませんが、身の間に前菜で出たラーチャン(?)腸詰、椎茸等がはさまっていまして、ぷくぷくぽこぽこの白身の後にそれらの複雑な味、そして香菜の風味が襲ってきます。…明日死ぬから好きなモノ食べてよしと言われたら、これか軽井沢「鳥勝」の鶏の丸焼きを選ぶでしょう。加熱して目玉が飛び出すのが新鮮な金目鯛だそーです(オーナー談)。ビョーンと出てますね〜♪

IMG_0839

ちなみにご飯は無農薬五分づき米をセルフで食べます。食べたことありませんが、おいしいと以前同行した者が言っておりました。杏仁豆腐、マンゴープリン、中華汁粉でシメ。いつもはフカヒレも食べるのですが、毎度満腹になりすぎるので今回は控えました。一応前回の画像を。

IMG_0836

こちらも無化調ですので、普通のフカヒレなれしている方には珍しい味かもしれません。舌に味が残らない、胃にもたれない不思議な中華です。よく食べてよく飲みました。寝たいところですが…つづきます。

 

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。