和倉温泉 加賀屋・セカンドインパクト⑨ ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュでまた大人買い

雪月花倶楽部でほっこりして、さあチェックアウト!いうわけにはまいりません。ここ加賀屋さんに宿泊したからには行かねばならぬ所があります。というか、母はこのために来たと言っております。

それはこちら

店舗

かの有名な辻口博啓シェフプロデュースのカフェ、「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」です。

昨年夏に来店した際には、全種類を大人買いしたものの、帰宅したらほとんど全てが溶けていたというフリテン君ばりの大チョンボをやらかしましたのも記憶に新しい。今回は冬だから安心だ!

母「あの溶けてた抹茶みたいなやつをすくって食べたらすごくおいしかったから絶対あれ食べる。でも他のも食べたい。どうしよう」

そのために車で来たので好きなだけ買ってください。

回転

パチンコ屋でもあるまいし、開店とほぼ同時に入店したためカフェコーナーに先客はゼロ。つまり

海辺

海辺の席をゲット成功!まあちょっと寒々とした景観なのは仕方ありません。真冬だ。

デリス

私はオペラマンダリンを注文。手前の赤いものは季節限定・YUKIZURIのルビーロマンだったと思います。石川における京都の八つ橋的ポジションになりそうなうまさ、軽さ、日もちです。

では食べますか。おお、相変わらず非常にチョコがうまい。コーヒーはマンダリンかどうかはわかりませんが良い香りです。前回も思いましたが、相当甘いのにちっとも嫌味がないのが不思議です・・なんだかベリーの風味がするからなのかしら。

カフェ

アイスカフェラテでコーヒー風味をブーストしましょう。いやー、ここのケーキ好きだ。母は?

まっちゃ

予定通りマッチャですね。ちょっとくれ・・・なんて言いませんからどうぞ楽しんでください。

母「抹茶だけどホワイトチョコ味なんだよ。これがまた違和感ゼロでおいしい」

なんだか食べたくなるようなこと言うなあ。

わくたま

飲み物はわくたまオレですか。ああ、和倉温泉のキャラ、わくたまくんのマシュマロがつくのですね。かわえーじゃないですか。(この後わくたまくんを裏返して投入、ただのマシュマロに)

プリン

友人Kはのとミルクプリンか。一口交換しようぜ(※オサーン二人です)。

ほうほう、結構液体寄りのプリンなのね。なめらかというかトローリというか。なんか余計な味がしなくてこれはいいなあ。飲み物ものとミルクヨーグルト?どんだけのとミルク好きなんだ、君。

さて、ケーキを楽しんだところで母ががっちり買いまショーを始めてしまいました。私も頼まれてた金のバウムやYUKIZURIを買って・・

まれ

母の梱包が一向に終わらないので店内を見ていたら、あら、土屋太鳳さんと辻口シェフだ。たおちゃんかわいいよたおちゃん。まあ「まれ」は観ていなかったけれども。

あ、終わった・・・って持ち帰り用保冷バッグがひのふのみ・・パンパンにふくれあがったものが3つ・・何個買ったんだ。

後で見せてもらったレシート(財布から出したのでしわくちゃですが)

レシート2

5種類を各8個?つまり40個?去年の私が21個だからほぼ倍か!一生母には勝てないな、これは。しかしなぜ8個なんだ。

母「7軒にお土産で配って残りがウチの」

大変好評だったそうですが、そんなわけで私の口には一個も入りませんでした。

ケーキ屋から戻る際に加賀屋さんの門を通ると、他のお客さんを見送るために若女将が出ているじゃありませんか!母をダシにして記念撮影に成功!おお、念願がかなった・・・(許可をとっていないので写真は載せませんが)

さて、残念ですがチェックアウトです。これは帰り側から見た建物。

かが

指定していた時間ピッタリに仲居のJさんが荷物を取りに来てくれました。が、台車にケーキが乗りきらない始末。Jさん、いろいろご迷惑をおかけしました。おかげさまで大変良い滞在でした。次回指名するから辞めないでね。

ここでも母をダシにJさんの撮影にも成功。なんだ、やればできるじゃないか俺氏。

Jさんとあと1名の方がいつまでも手をふってくれています。次はどうしよう・・JTBのロイヤルなんちゃらだと一人で浜離宮に泊まれるらしいんだよな・・でも去年10月にオープンした加賀屋別館松乃碧も行ってみたいな・・あ、でもするとJさんがつかないのか、とか色々考えながら次へ向かうのでした。

りょうしゅう

宿泊3人・酒・ショー・マッサージ・お土産屋利用を含めた総額。なぜ全部出すと言ってしまった、私。

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。