情緒がありすぎる四万温泉を歩いてみよう 落合通りなど (中之条町・四万温泉)

情緒がありすぎる四万温泉を歩いてみよう 落合通りなど (中之条町・四万温泉)

はい、ネモフィラの開花速報をはさみましたが、四万温泉の続きです。確か街並み見物をするあたりでしたね。

しま

前の記事にも掲載しましたが、こんなに素敵な街ですから見学しないワケにはいきません。

かし

まず宿の隣、お菓子屋さんです。「楓月堂」さんですね。温泉まんじゅうってあまり好んでは食べないのですが

まや

摩耶姫伝説公認キャラクター摩耶姫ちゃん・・!よし、入ろう。

ゆめまくら

パパッと検索したら摩耶姫ちゃんは彼氏・・というか旦那持ちという設定(四万温泉公式HPにあり)でしたので、お菓子は買ってあげないことにしました。楓月堂さんの名物である、夢まくらというお菓子を買いましょう。

むてん

わぉ、無添加のお菓子かしら?ホワイト修正は何を消したんだ?求肥にクルミ入りあんこが入ったものと、ゆず入り白あんが入ったものと二種類ありまして、こう言ってはなんですが、想像よりずっとうまかったです。2週間くらい日保ちするし、四万温泉の推奨お土産かもしれません。

じじい

そして宿の向かいには洋服屋さんが・・・うわっ、ビックリした。なんだこの板垣退助。なんか説明書きがあるな。えっ?芸術作品なのですか?へー・・・

かわ

美しい四万川を見ながらメインストリート(?)へ向かいましょう。

おんせん

温泉地だけに、温泉まんじゅう屋さんはいっぱいありますね。しかしこの不気味な看板娘、みなかみ町のお菓子屋にもいたな。製造元は同じなんだろうなあ・・コレがズラリと並ぶ工場・・み、見たい!

たばこ

やだ、かっこいい・・たばこは嫌いですが、昔のたばこ屋関係のディスプレイはホントに素晴らしい。このショーケースが現役の時は、味のある婆さんがセットで座っていたことでしょう。

じょい

逆らうことのできない、あまりに魅力的な案内看板に誘われるがままに右折!と思いましたが、ちょっと待て。

積善

この四万温泉街の唯一にして最大の観光名所、「積善館」さんくらいは写真を撮っておかないといけない気がします。

せき

この赤い橋と渋すぎる建物が某有名アニメ映画の舞台のモデルとなったそうですね。築300年以上とか。すごいなあ。もう一つのモデルとされる渋温泉金具屋さんの写真と並べようと思いましたが、行ったのが昔すぎまして、携帯の写真がちょっとアレだったので断念。

とおり

そしてこの赤い橋からクルっと振り向くと、300年とはいきませんが、これまた歴史がありそうな素晴らしい通りが。実は昨日、道を間違ってここを車で通るハメになりました。いや、狭かったのなんの。でもたぶんメインストリート。「落合通り」というそうです。

かん

角のラーメン屋さんっぽい店の看板からそそられます。ラーメン屋?寿司屋?はたまた天ぷら屋なのか?カルピスがビールと同じポジションなのか?消された部分からチラリと見える「◯豆」は納豆か?枝豆か?疑問と興味は尽きません。

らー

上毛かるたの「世のちり洗う四万温泉」の名フレーズと、店の年輪を感じさせながらも、しっかり磨き抜かれている食品サンプルケース。なんとデコラティブでアーティスティックな店舗ディスプレイでしょう。こんな店うまいに決まってる。

ぎょうざ

創業昭和42年!・・ナヌっ、注文を受けてから皮をのばす餃子!!う、うまそう・・そういえば宿にあった四万温泉案内の薄い本小冊子にあったような

たん

ああ、コレだ!気になって写真撮っておいたんだ!タンメンがものすごくうまそうです。頭にタオル巻いて店名ロゴ(変な習字)が入った黒Tシャツを着て腕を組んでいるラーメン屋にこの鍋仕事はできまい(偏見)。ぜひランチはここで・・・と思いましたが、まだ9時半という罠。

そしてこの通りには「柳屋遊技場」さんという、有名なスマートボール屋さんがあります。以前来た時はたった500円でスマートボールはもちろん、お茶は出してくれるし、店に来た有名人の写真は見せてくれるしでサービス満点でした。誰の写真かって?当時朝ドラのロケに来ていたのりピーですね・・・

本日は予定が詰まって(?)おりますので、スマートボールはあきらめてせめて最後に

いんせん

胃腸に良いという四万温泉のお湯を飲んでいくとしましょう。ちょっと歩いただけで2つ飲泉所がありました。もっとあるらしいですが。とりあえずこちら、「塩之湯飲泉所」で飲みましょう。

こおうのう

塩之湯ってことはしょっぱいのかしら。えーと、適応症は・・胃炎、便秘、胆道系障害、高コレステロール・・ほうほう。どれも縁がないですが、まあいいや。

ゆ

ひしゃくを使うのもめんどくせーから手で受けて・・・うぁっちちい!!

わなにひっかかった!

ビックリして効能書きをよく見ると、お湯の温度が書いてあるじゃないですか。源泉73.4℃で飲泉所温度は55.5℃?熱湯風呂レベルだ!あ、でもほんのりしょっぺくてうめーや。うん、もう一杯。結局おかわりも手で受けました。わかっていればイケる温度です。

胃腸に効くらしいお湯を飲んだので、大量の朝食も消化することと思いますが、一応歩くとしましょうか。次回は景色を見に行きます。

楓月堂 群馬県吾妻郡中之条町四万4237−34

ゆうみん 群馬県吾妻郡中之条町四万4230

四万温泉公式HP

情緒がありすぎる四万温泉を歩いてみよう 落合通りなど (中之条町・四万温泉)” に2件のコメントがあります

  1. ああ!ジブリの!千と千尋の神隠しの!モデルになった宿ですね!ジブリのモデル旅館見物に行くとはなかなかのファン!(決して検索対策ではない)

    ってか泉温書いてあるやん(真顔)

    • 実はもう1つの飲泉所で先に飲んでいて、そちらは泉温40度くらいだったのです。源泉が違うみたいですね。

      アニメのモデルらしい宿は、数少ない外歩きのお客さんみんなが記念撮影していました。なんというか、他に撮るところがn・・ゲフッゲフッ

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。