世界の自動車と便器が集結!カレーもうまい! 日本自動車博物館(小松市)

一人でなんとなくやってきた石川県、実は本当になんとなくなので、宿以外は何も決めておりません。宿は前回紹介したマタギの宿、岩間山荘さん。はたして昼間はどこに行っていたのかといいますと

外観

こちら、小松市にあります「日本自動車博物館」さん。私はドライブは大好きですが、自動車そのものにはさほど興味がありません。そんなわけでこういった施設に来ることもめったにないのですが、なんでもこちらの喫茶コーナーのカレーがウマいということを石川に入ってから(検索で)知りまして、やってきた次第でございます。ええ、食べ物がからまないと動きませんとも。

「カレーを食べにきた」と言えば喫茶室に入れるそうですが、せっかくですからクルマも見ましょう。決して嫌いでもありませんので。入場料は1,000円でした。

カレー

まずは一目散に「喫茶ローバー」です!座るなり「カツカレー!」とサムライのようにオーダーをします。カレーうどんもあったことに後で気がつきました。

なんでも「30年ルーをつぎたし続けている3日間煮込んだカレー」とのことです。どれどれ?パクッと食べると最初甘酸っぱくてちょっとビックリします。その後じんわり辛い。果物や野菜が大量に溶け込んでいるから甘酸っぱいのでしょうか?そして甘酸っぱさで辛さが引き立つのですかね?辛さ耐性高めの私にも少し辛めで、ものすごくコクがあってウマいです。カレーは辛いからこそおいしいのだ!(塩見味平・談)レトルトも売っていたので買ってしまいました。

カレーを食べてアイスコーヒーを飲んだところで、えーと、お手洗いは・・

世界の

せ、世界のトイレ!?アジア各国のトイレ事情を書いた名著「東方見便録」は読みましたが、実際にブツを並べている施設があったとは!ここは自動車博物館だった気もしますが、そこは気にしないでさっそく使わせていただきましょう。「是非ともご使用下さいませ。」と書いてありますし。

ふらんす

それではおフランス製のお便器をお借りするザンスよ。うーん、便座が小さいザンスね。水タンクの形状は優雅かもしれませんが、少々使いにくい・・ベルサイユ宮殿以来、トイレには気をつかわない伝統でもあるのでしょうか?

そうでした、こちらはカレー屋でもトイレ博物館でもない、日本自動車博物館。なんと動く状態のクルマが常時500台程度展示されているという、中川圭一のガレージのようなおそろしい施設です。本気で見たら何時間かかるかわかりません。

はや

これはプロトタイプが2台作られただけの幻のスーパーカー、ジオット・キャスピタ。水平対向12気筒というF1用のエンジンを積んだお化けマシンを量産しようという、エンジニアの夢にもほどがあるプロジェクトでしたが、絶賛開発中のところでバブルが見事におおはじけ、プロジェクトそのものがお蔵入りになったとか・・・で、なんでココにあるの?

かん

そして金箔首都石川だからでしょうか、正気の沙汰とは思えない看板が・・

金箔千枚使用、洗車可能、加賀友禅の模様!こち亀で金色のロールスロイスおそ松くんの顔を描きまくるという回がありましたね。やはり金箔を貼ろうというほどですから、ベースのクルマは高級車ですかね。

かぺ

・・・マツダ・カペラ!ゴールドカーが、カペラ!!よりによってと言いますか、すごい(地味な)クルマをベースにしましたね!なぜでしょう?これを作った仏壇屋さんに聞いてみたいところです。社用車だったのでしょうかね?しかもホイールはプラスチックのホイールキャップのままに見えますが、そこは気にしないのかしら。謎すぎるクルマです。

ふぁみ

黄金のカペラを見てしまったせいか、フラフラとマツダ車コーナーへ。こちらの博物館は主にメーカーごとにコーナーが分かれております。ファミリアロータリーセダンだと?もしもし?これちょっと欲しいんですけど。

みどり

おお、サバンナ!これも欲しい!よくよく見ると、ナンバープレートに生産国と車両の年式が書いてあるのですね。細かいですねえ。

ろーどぺ

そしてこちらは三菱デボネアの宿敵と(これまたこち亀の中で)言われていたロードペーサー!!うわー、本物初めて見た。かっこいいじゃないですか、これ!今出したら売れ・・・るわけはありませんね。私は買ってしまう気がしますが。

FC

なぜマツダのロータリー車ばかり撮っているのかと言いますと、実は私の趣味です。すみません。以前にRX-7なんぞ乗っていたのです。

T

少しは他メーカーのクルマも・・おお、フォルクスワーゲン・ビートル以前のベストセラー、フォード・モデルT!!せっかく実車があるのですから、下をのぞかせてもらいましょうか。

した

舵取り装置のリンクの構造はこの時代(約100年前)から現代でもほとんど変わらないのですね。へー。しかし何か足りないような・・・あ、前輪にブレーキが無い!!ただカラカラと回るだけの車輪なんですね。ひえー、結構おそろしい。

おおそうじゃ、せっかくですから現在の愛車、フェアレディZのご先祖様でも拝んでいきましょう。日産は・・と

だっと

わぉ!いきなりダットサンの一号車!ホントになんでもありますのね!しかもみんなエンジンがかかって動く状態なんですよね?入場料だけで維持できているワケがないですね・・まさか、カレーの年商が数億・・?

れでぃ

ダットサンということは・・おお、来ました!ダットサン・フェアレディ!こ、これはカッコイイ!!一応こちらを拝めばいいんですかね?「Z」がつかないとダメかな。

240

やあ、いたいた!ダッツン・ズィーが登場!ん?よく見たらS130ですかね、こちら。(S30もありました)まあいいや、拝んでいきましょう・・南無日産大菩薩、と。

どうでもいいですが、「右ハンドル仕様なのに右側にコーナーポールがついている・・妙だな・・」と某少年探偵に怪しまれてしまいますよ?ホントになんでだろ。

というわけで、便器も車もとてもじゃありませんが紹介しきれません。入館料の元は余裕で取れてしまいますので、小松市付近にお越しの際はぜひどうぞ。他にこの辺に何があるかって?えーと、そうそう

べんけい

勧進帳で有名な安宅の関がありますよ!ふらっと資料館に入ったら、案内の方がマンツーマンでついてくださいまして、歌舞伎のビデオを見ないと帰れない状態になってしまいました。あと近くに有名な餃子の店があるそうです。行かなかったので味は知りません。

からおく

小松の街をププーと走っていて思ったのが、「カラオケ喫茶」がずいぶんあるなーと。しかもどこも年季の入った店舗です。小松市の方はカラオケがお好きなんでしょうかね?

日本自動車博物館 石川県小松市二ツ梨町一貫山40 リンク先はいきなりエンジン音が出ますので注意

安宅の関 石川県小松市安宅町タ14

カラオケ喫茶 石川県小松市各地

世界の自動車と便器が集結!カレーもうまい! 日本自動車博物館(小松市)” に4件のコメントがあります

    • ちゃんとお答えすると、4ローターの2シーターオープンを作っていただければ1100万までなら買います。カタログ燃費はリッター6km以下でお願いします。

      • そういやー読んでて思ったんスけど、カレーと便器が同時に頭に入ってくると混乱するっスね。

        どう混乱するかはご想像におまかせしますが…

        • 書きながら「カレーの話しながら便器の話する奴がいるかよ!」と思ってはいたのですが…ほんとに一緒にあるのですから仕方ない

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。