新しいお店で最高の焼き鳥と日本酒を 焼き鳥 柳さわ(川崎市)

京都に行くメンバー四人による前夜祭in元住吉の開始です。まあ私と元住吉在住Kさんはばっちり出来上がってしまっていますが(前回参照)、横浜のZさん、目黒(だったかな)のHさんも合流して、Kさんが行きたがっていた焼き鳥屋へ!

・・あ、予約がいっぱいで三人しか入れない?あらー、大繁盛店!ですが優しいマスターがなんとか席を工面してくれました。ありがたい!

えーと、店頭写真を撮り忘れましたね・・「焼き鳥 柳さわ」さんです。なんでも移転してこの地では今年の4月にオープンしたばかりとか。

めぬ

日本酒と焼き鳥に命を懸けた(らしい)マスター、なんと骨のある方!その方が選び抜いた日本酒は・・・うん、ほとんど知りません。すごい!

華やかだという屋守(やもり)と爽やかだという手取川をいきましょう。あ、手取川は飲んだことあったような。まあいいや。

おお

おお、どれでも100cc500円ということですが、もうちょっと入っていそうな大ぶりのグラスで来ました。うれしい。しかもたぶん値段も安い。

みず

そしてデーンと大きなグラスが。チェイサーの水だそうです。まあ、実はすごく嬉しい。コレがあるとホントに酒がはかどりますよ!酒飲みの心を分かりすぎていますね!

おろし

お通しは大根おろしにうずらの卵を落としたもの。これも酒の合間に舌を洗う用な雰囲気ですね。さっぱりして次が飲みたくなります。

つけ

目にも鮮やかな浅漬け。一軒目の店といい、元住吉は漬物がウマい!漬物だけで酒が飲める私としては、こんなに嬉しい町はありません。

めぬ

炭の準備ができたということですので、焼いてもらいましょう。

Kさん「とにかく白レバーは食べてください!」

Zさん「俺ははつ元いこうかな」

なんとなく一軒目で食べたようなメンバーですが、それでは白レバーからお願いします。自信の表れでしょうか、メニューの最初が「ねぎま」とか「純けい」でなく白レバー!

れば

そしてこちらがKさんが死ぬ前に一度は食べた方がいいとまで言う「白レバー」です。うわー、これまた丸々とした、スーパー脂肪肝。まさしくフォワグラ!

甘くてうまくてとろける舌触りでどうしましょう。しかもフォワグラのくせに脂くささがゼロなのは炭の力でしょうか?とにかくウマい。

ぼんじ

メニューにあれば注文する義務がある「ぼんじり」です。中華料理の味の秘密「鶏油」のもととなる部位でもある・・・と聞いたことがある部位だけに、すばらしい脂のウマさです。鶏の仕入れも焼き加減も芸術品のよう。酒が・・「夜明け前」をいただきましょう。

はらみ

こちらは「はらみ」・・だったはず。哺乳類も鳥類も横隔膜のウマさは異常です。いろいろな動物のハラミを食べてみたいなー。そしてこのPCが「はらみ」と打つと勝手に「原幹恵」と変換するのは誰のせいなんだ。

Kさん「いやー、ほんとにここの鶏肉は最高ですね。最近まで養鶏場に勤めていた僕が言うんだから間違いありません」

おお、鶏肉の専門家でしたか!

Kさん「いや、タマゴ専門の農場ですが」

・・・なぬ?鶏肉関係なくなくなくない?

うずら

タマゴの話が出たので、半熟うずらいきましょう!お見事!と言いたくなるジャスト半熟で塩ダレもうまい!こりゃーいいや。

Kさん「これは最高のタマゴですね。養鶏場につとめていた僕が・・」

ウズラなんか育ててはいないでしょ?

Kさん「なっ、僕を疑うんですか?じゃあえーと、コケコッコーって鳴くのは雄鶏ですから、雌鶏ばかりのタマゴ鶏舎の朝は結構静かって知ってますか?」

なんですか、その少しだけためになる豆知識は・・仕方ない、トリの専門家と認定します。というわけでこちらのお店の焼き鳥、鶏専門家のお墨付きですよ!

さかな

そして焼き鳥以外は何かあるかしらと見れば、おお、「とりのなめろう」などと言う、思わずメガネをかけなおしてしまうメニューが・・

Zさん「酒盗チーズいってみよう」

なんとW発酵食品ですね!

しゅとう

酒盗にクリームチーズがどーん!初めて見ましたが、よく考えたらこんなものどうやっても酒に合いますよ!マスター天才か!

Zさん「日本酒にも合うけどハイボールにも最高!」

なんですって?

はい

うぇーい!確かに最高!ここもいい店だなあー。「さかなの台所 オリエンタル」でも言った気がするけどKさん、やっぱり予約してから来ましょう。

Kさん「僕が予約もせずに勢いで店を決めているとでも思っているのですか?」

ええ、まあ、そんな気が・・入れたからいいんですけどね。

というわけで腰を据えて飲みたい良店でしたが、無理やり空けてもらった席なので2時間程度で退店。

 

その後Kさんが「アジフライがうまかった」という店に移動したのはいいですが

きり

なんかこのボトルを見た以降はしっかりとした記憶がありません。

Kさん「もう少しでボトルが空くな(小声)・・・Zさん、水割り作りますよ」

Zさん「あ、悪いね」

そして9:1の水割りを作って飲ませて無理やりボトルを空にしたところはなんとなく覚えています。

ひょうけ

そして私は武蔵小杉駅前のホテルへ。明日早起きで京都まで運転なのに大丈夫かなあ、とか思いながら氷結なんぞ飲んでしまったのでした。無事起きることができたら次回は京都です。

 

焼き鳥 柳さわ 神奈川県川崎市中原区木月2−1−7 101

コメントをお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。