満開のポピー畑でビックリ、まさかのミラクルフルーツ体験! 館山ファミリーパーク(館山市)

満開のポピー畑でビックリ、まさかのミラクルフルーツ体験! 館山ファミリーパーク(館山市)

毎年ポピーを摘んでから激ウマな寿司を食べてるんですよねー。なんて言ってしまったところ、激しい反応を示した方が二人。

最近よく見る気がするKきゃわさんと、絵も音楽も作っちゃうゲーム素材屋さんM崎さんです。じゃあ3人で行きましょーか。

Kきゃわ「お寿司!」

M崎「お寿司!」

いや、いちおう花摘みも行きません‥?M崎さん、花の写真撮りたいって言っていましたよね?

M崎「お寿司撮りたいです!」

えーい、運転はわたくしです。有無を言わさずお花畑に行っちゃえ〜!

たどり着いたのはポピーの里として名高い「館山ファミリーパーク」さんです。今年は少し遅め、3月12日に満開宣言が出ました。10万株・百万本のポピーが出迎えてくれますよ!

Kきゃわ「ひゃくまんぼん?ワハハ、そんなバカなことが」

Kきゃわ「‥あった!きゃほーい!」

これだ、これがお花畑だ!昨年あたりから10本200円と値上げしてしまいましたが、これだけ広大なポピー畑はわたくし他に知らない。やはりポピー摘みはこちらに限ります。

Kきゃわ「あれ?あっちの方に変なゲートがありますぜ」

トロフルガーデン‥と読むのかな?

Kきゃわ「味のある朽ち加減ですな!」

M崎「もしかしてトロピカルフルーツガーデン、略してトロフル‥?」

あっ、そういうことか!

Kきゃわ「へ?何度も来てるんですよね?」

いや、ポピーを摘むだけ摘んでとっとと帰ってしまうので、こちらには足を踏み入れたことがない‥ああ、一回この辺のトイレを借りたな。

Kきゃわ「なんすかそれ!じゃあ行ってみましょうよ!」

温室に入るとバナナがお出迎え。やあ、バナナができはじめていますね。なんとなく伊豆のバナナワニ園に来た気分。

M崎「これは下から撮った方がいいですね!」

おお、私も下から撮ろう。ところでM崎さん、ローアングラーが泣いて喜ぶ姿勢で撮影していますが大丈夫なのかしら?目をそらしてっしまったので知らんけど。

おや、目をそらした先に品種を書いたプレートがあった。アイスクリームバナナって名前なのね。味がバニラアイスにそっくりだからだそうです。

Kきゃわ「食べてみたいけど、まだちょっと青すぎる〜」

気になりますねえ。

ドラゴンフルーツもいっぱいあります。フルーツ‥フルーツか?

M崎「これは‥サボテンですね」

うん、花も実もない時期だったか‥切って樹液をためればプルケやテキーラにならないかな。ならないよな。

Kきゃわ「あ、1個だけつぼみちゃんがいた」

ホントだ。あら、この時点からドラゴンフルーツ色なのね。

M崎「紫は尊いですけど、ちょっとピンク寄りですね」

温室から出ると、「スムージー」と書かれた建物というか、小屋がありますね。

Kきゃわ「スムージー!トロピカルフルーツ、略してトロフルが味わえると見ました」

さすが南国館山ですね。ぜひ入りましょう。8回目くらいの来園にして、初のこちら入場です。

Kきゃわ「これからお寿司だからスムージーはお腹にたまりそう。ドラゴンフルーツジュースにしまっす」

私もそうしよう。M崎さんは?

M崎「お寿司で本気を出すため見学で‥」

ではKきゃわさんといただきましょう。こちら400円でした。やあ、色はすごいけど味は爽やか。ほんのり酸味、なんとなく甘みのある‥なんて言うんだ、薄めのキウイっぽいと言うのか。淡白ですが、南国的な風味はあるといった感じです。

Kきゃわ「見た目はすさまじいけど味はお上品というか、強い主張はしない子ですな」

Kきゃわ「ところでずーっと気になってるんですけど、ミラクルフルーツ体験って書いてありますよね」

あっ、レモンとか甘く感じちゃう奇跡のフルーツでしたよね!まさか体験できてしまうの‥?やりましょう!

Kきゃわ「やるやる!」

M崎「やりましょう!」

一人500円で、ミラクルフルーツ一粒とレモン二切れを渡されます。

はい、体験セットが揃いましたが‥どうすんの?これ。

Kきゃわ「説明書がありますな」

ミラクルフルーツを口に入れて、舌で皮を剥いて種を1分くらい舌の上で転がす‥

M崎「ミラクルフルーツの成分を舌に塗りつける、みたいなイメージんなんでしょうか」

まずレモンをそのままかじってみると、酸っぱーい!そりゃそうだ。

Kきゃわ「でもこのレモンおいしい。そしてミラクルフルーツいきましょう。グミの実みたいな味で、種のまわりのふわふわくにゅくにゅがビワみたいな‥」

ふんふん、なんとなく甘いような、これまた果物としての主張は弱いような味。種の周りが変な膜みたいに包まれていて、たぶんコレが大事な成分なんでしょう。よく舐めよう。

1分くらい舐めましたかね?ではふたたびレモンをガブリ‥

M崎「あ、甘いです‥すごい‥」

Kきゃわ「苦味と酸味がない、おいしいグレープフルーツになった!」

本当にグレープフルーツだ‥!こりゃウマいウマいとガブガブしていたら、むむ、喉が‥

Kきゃわ「騙されてるのは舌だけで、喉にはものすごい酸の刺激!ゲホゲホ」

ここでドラゴンフルーツジュースの残りを飲んでみると‥ふはー!

Kきゃわ「異常にウマいマンゴージュースみたいになりました!甘〜い!!」

M崎「数百円でミラクルフルーツをゲットできる環境を作れば、安いパインやイチゴで幸せな思いができる‥つまり経済的?」

確かに‥!これさえあれば自宅がフルーツ天国になりそう。苦味にも効くということでブラックコーヒーを飲みたかったのですが、なかった。

Kきゃわ「千葉だからマックスコーヒーはありますぞい」

そのままでも死ぬほど甘いよっ!却下、却下だ!

店員さん「体験できた〜?たまに変わらないって人がいるんだよね〜」

3人とも大成功でした!いやー、まさにミラクル!

Kきゃわ「すごく面白い体験だから、施設側がもっと推していい気もします」

まさかこんな所で長年の念願であったミラクルフルーツを楽しめるとは‥驚いたところでメインのポピー摘みにまいりましょう。ホラどうですか、この一面のポピー。一面のポピー。

Kきゃわ「ふぉぉおお‥!ポピポピポピポピポピ」

M崎「これは私の一眼が吠える時ですね!」

あ、ハサミも持たずに駆け出してしまった‥

Kきゃわ「俺は摘みますぜ」

 

では摘み方をお教えしましょう。このようにつぼみの茎をですね、根元に近い所からパチンと切ります。花が散ったあとのボウズと間違えないよう気をつけてください。

Kきゃわ「コツはそんだけですか?」

あとはそうですね、一株全部が同じ色なので、気に入った色の花が咲いている株から切るといいですよ。

Kきゃわ「こんな情熱的な色の同じ株を切れば、ウチでもこの色が!」

そういうことです。お気に入りの株を求めてさまよいましょう!まあ今回は40本くらいですが‥

Kきゃわ「あれ?毎年数百本切って帰るって言ってはりませんでした?」

それは母と再来週あたり、また‥

Kきゃわ「あっ、まさかの年二回‥?おつかれさまです」

ほらKきゃわさん!珍しい色の株がありますよ!

Kきゃわ「うわーい!黄色か白かわからん子や!かわえ〜な〜。でもなんか珍しい色の子、みんな茎が細くて短くないですか?」

ピンクとかも細いのばっかりですもんね。希少な子は遺伝的な何かでちょっと弱めだから希少なのか、もしかして。

そしてこの広大なポピー畑‥あのー、さっきから全くM崎さんを見ないのですが‥

Kきゃわ「あれっ?どこ行ったんでしょ」

M崎「はっち〜♪はっち〜♫」

‥なんか一眼を構えて歌っておりますが‥

Kきゃわ「いや、俺の知る限りでは正常な状態です‥たぶんアレはそうですね、鼻歌の内容からして蜂の写真を撮っている‥」

蜂‥?

(撮影:M崎さん)

M崎「この子たちかわいくて一途に働いて、ブンブン飛んでるから最高の被写体じゃないですか?」

そうかなあ‥と思ったら、Kきゃわさんも撮影しているじゃないの。

Kきゃわ「足についてる花粉だんごがかわえーんやでぇ‥この子ったら社畜で仕事に夢中。写真撮り放題やでぇ」

えーと、花摘みは‥

Kきゃわ「あ、40本くらい摘んだんでだいじょーぶです!」

Kきゃわ「他にもビニールハウスがありますけど、何があるんでしょ?」

えーと、こちらは金魚草ですね。

Kきゃわ「金魚草?鬼灯の冷徹のアレ‥?」

いや、奇声は発しません。ほら、花が金魚っぽいでしょ?

Kきゃわ「あら、マンガと違ってかわえ〜」

Kきゃわ「‥かわえーけど、このツルツルでかわいい金魚草と、今摘んだポピーの違いはどうでしょう‥!金魚草のつぼみが赤ちゃんなら、ポピーは沖縄のおじさんの腕みたい」

沖縄の方もご自分でよく言いますよね、腕と眉毛でだいたいわかるって‥ポピーって沖縄なのか?虞美人草だから中国と思っていたけど‥(あとで調べたらヨーロッパ出身の方でした)

M崎「まだビニールハウスがありますね。花も違うんでしょうか?」

や、こちらのハウスはスターチスでした。まあ綺麗。

M崎「ふあぁぁぁ!」

ど、どうしました?

M崎「紫すぎる‥!尊い‥!!これを撮らずにどうしろと?」

どうしろと言われてもよくわからんので、撮りまくってください。

Kきゃわ「ふわー、たしかにM崎ちゃん大好きなキレイな紫、そしてつぼみの集合がまたかわえ〜ですな!」

うん、素晴らしい色ですね。うーむ、ここにこんな良い花があったとは‥

Kきゃわ「この人、実はリピーターでもなんでもないのでは‥」

まあまあ‥あ、M崎さん、満足しましたか?次はお寿司でーすよ。

M崎「お、お寿司!?じゃあ撮影終了!お寿司を撮ります」

Kきゃわ「‥ああいう子です」

 

館山ファミリーパーク 千葉県館山市布沼1210

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。