伊賀牛のステーキをランチでお得に。さすが伊賀牛元祖の支店、雰囲気までも素晴らしいのね 金谷 桔梗が丘店

淡路島で玉ねぎうどん、板宿でお寿司を堪能した翌日。灘の友人を車でさらってやって来たのは・・なぜか三重県の伊賀です。

伊賀といえば忍者と伊賀牛!というわけで、伊賀牛ランチを決めてからの忍者博物館というルートをたどりましょう。

伊賀牛といえば池波正太郎先生も愛した金谷さんが有名ですが、本店は混みそうなのでお隣の名張市にあります「金谷 桔梗が丘店」さんに来てみました。

バター焼きやすき焼きで知られる金谷さん。でもこちらの支店にはお手頃な洋食メニューもあるみたいなのでランチにいいかなと。「本日のランチ」を見ると伊賀牛赤身ランプステーキが税込2750円。しかも粒マスタードグレイビーソースときたもんだ。いいぞいいぞ。

ランチ利用の旨を伝えるとそのまま1階のテーブル席に案内されました。バター焼きとかは2階になるみたい。

伊賀牛特選ランプステーキコースは4950円ですか。グラムはわからんけど伊賀牛のコースとしては非常にお値打ち価格な気がする。

サーロインやテンダーロインとなるとさすがに良い金額になってきますね。

予約してある夕食が品数多めらしいので、ここは軽めで生きますか。表にあった伊賀牛フィレミニステーキ4950円ををいただくとしましょう。

お冷やは2層式のグラスで来た。焼酎用に欲しい。

本日のスープはクラムチャウダー。好きだけど割とお目にかからないのよね。

やっぱりうまいよクラムチャウダー。ライスorパンのところパンを選んで大ピンポンだ。

ニンジンのカットがかっこいいサラダもシャキシャキうまい。

伊賀牛ミニフィレステーキは確かにミニで100g弱というところ。減量明けのジョーに出されたステーキみたい。

それでもステーキらしい厚みのカットで物足りなさはなさそう。むしろランチ的にはちょうどいいのではないかしら。

ところで焼き方を聞かれなかったような。レア寄りが好きなんですが・・

ナイフを入れて嬉しや、美しいミディアムレアじゃありませんか。肉の繊維が細かいのか、伊賀に伝わる忍びの秘伝か、とんでもなく噛み心地がいいなあ・・繊維の奥からウマ汁がじんわり染み出してくるぞ。

マスタードが軽く効いたソースが和牛フィレらしい穏やかだけど深い味わいにピッタリ。さすが伊賀牛、たまらんでござる。ニンニン。

付け合わせも可愛く丁寧に。揚げイモでなくコロッケの中身的マッシュポテトが嬉しい。

ひと口デザートも出てしっかりコースだ。パンナコッタかブラマンジェ、どっちだったかは忘れましたとも。

香り高いコーヒーで、ふは〜。

腹九分目、満足度は十二分目の素晴らしいランチじゃありませんか。静かな雰囲気でお得に伊賀牛を楽しめる・・なんて良いお店だ。というかなんでこんなに静かなんだろ。みんな本店に行っちゃうのかな?

ここから車で30分ほどにあります伊賀上野城で石垣と忍者ショーを見ましたが、まあ、どっちもすごいの。伊賀牛・石垣・忍者のセットは非常にオススメです。

金谷 桔梗が丘店 三重県名張市桔梗が丘8-5-3

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。