ひたすら白メシを呼ぶデミグラたっぷり。老舗洋食店のトンカツハンバークセットで満腹一直線! 洋食 キャベツ 板宿店(須磨区・板宿駅)

11月半ば頃の話です。

昼メシを求めて歩いているのは神戸の板宿リピートしようと思っていた洋食店に体調不良で臨時休業との貼り紙が‥Googleマップでは廃業になっちゃってるけど、そうなの?

さて困った、どうしようかな。いつも並んでいる昆布水つけ麺のお店にポンと入れたり‥するワケはなかった。平常通りの行列だ。

次に寄ってみたのはつけ麺屋さんのすぐ近くにある洋食店。そもそも洋食の腹で来たので、見事な食品サンプルにそそられないハズはない。こちらも大繁盛のお店なんだけど‥見たところ外待ちはいないみたいだし、当たって砕けてみるか。

恐る恐る入口のドアを開けると「奥の席にどうぞ〜」と快く迎えてくださいました。してやったり。本日のランチは「洋食 キャベツ」さんに決まり!

2人がけのテーブルがタテに並ぶウナギの寝床式の店内を奥まで進み、唯一空いていた席をいただきます。

前回は確かグリルチキン定食を頼んだけど、たぶん揚げ物がメインなんだよね。今度こそトンカツかビフカツを頼むべきだろうか。

いや、ちょっと欲張ってトンカツとハンバーク(グではないらしい)やエビフライをまとめて楽しめるABC3種のセットなんていいかもしれない。

エビフライ‥ちょっとピンと来ないな。ハンバークにここんちのデミグラは合いそうだから、Aセット

ライス小、キャベツとスパゲティは普通で願いま〜す。ライスだけでなく付け合わせの量まで選べるから腹ぺこさんも安心ですね。

もっとも大盛は本当に大盛りらしいので、注文は計画的に。

夏場は冷たいお茶だけでしたが、11月ともなると熱いお茶も出してくれるのですね。

ホール係兼仕上げ担当の方と厨房の方の流れるようなオペレーションにより、10分少々で登場しましたAセット(トンカツ・ハンバーク・ハム)

デカいお盆、デカい茶碗、デカい皿!通常サイズの味噌汁椀がミニサイズにしか見えない視覚の罠。

メインのお皿は迫力満点。カツとハンバークにたっぷりかけられたデミグラスソース。満腹確約の美しい茶色の園が広がります。

ぱっと見では注文通りなんですが、茶碗が大きいからね〜、言うほど小ライスでもないんだわコレが。でもメインのオカズパワーから逆算すると足りなくなるのは間違いない。しっかり配分していきましょう。

あ、味噌汁の具に麩がある。好物だ〜やった〜。つまりここでもメシが減るのか、しまった。

店名となっているキャベツは「普通とは」と問いたくなる量。でもフレンチ赤みたいなドレッシングがおいしくて、ワリワリと無心で食べてしまう。向田邦子さんに倣ってパセリも食べる派です。

ハンバークの下に隠れて分かりにくいのですが、スパゲティも「付け合わせとは」と問いたくなる量。敷布団のように広がっているのよ。

こちらも困ったことに、デミグラを絡ませることで立派なオカズになってしまうのです。パスタライスでも成立しそうな勢いでうまい。やはりこのウスターとケチャップを混ぜて熟成させたような、いささかジャンキーデミグラ風ソースがたまらんのだ。

ハンバークは昔ながらのふっくらタイプと勝手に想像していたら、ギュムムと肉が詰まった近距離パワー型であった。肉とソースのダブルパンチは天才的なメシどろぼう。

トンカツは中の肉なんて問題ではない。香り高い衣にソースがたっぷり、とにかくそこに意義がある。カリリとかじってから白メシで追えば、ほら幸せだ〜!

ハムの存在感もなかなかどうして。ソースを絡めてから海苔のように巻き取って‥だからメシが足りるかっ、こんなもん!せめてスパを小にしないとバランスが取れないよ!

うわ〜食べすぎた〜幸せ〜とお茶を飲んでいれば、「蒸し鶏はちょっと辛いけど大丈夫?」という店員さんの声が聞こえる。

え、ピリ辛ソースの蒸し鶏?デミグラ&油ものとはまた違ったタイプのメシどろぼうである予感‥また来るっ!

洋食 キャベツ 板宿店 兵庫県神戸市須磨区大黒町3-3-16

前回のグリルチキン

コメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。